咽頭がんの症状【咽頭がんの警告】

咽頭がんにはこんな症状があります

咽頭とは一般的に「のど」といわれる器官です。
咽頭がんはがんができる場所により、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんの3種類のがんに分けられます。
他のがんと同様に、咽頭がんも初期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴です。

がんの進行にしたがってあらわれる症状は、がんの種類によってそれぞれ異なってきます。
鼻の奥の上咽頭がんは、がんが進行してくると、鼻症状と耳症状があらわれます。
また脳神経症状もあらわれます。

鼻症状としては、鼻づまり、血液の混じった鼻汁、悪臭のする膿がでてくる鼻汁などがあげられます。
血液の混じった鼻汁は鼻血と勘違いしてしまいそうですが、鼻血が一時的な症状であるのに対し、上咽頭がんの場合の鼻血は継続して症状があらわれるので、区別することができます。
耳症状では、耳の聞こえが悪いという難聴、それも片側の耳だけが難聴になるといった症状、耳が詰まった感じがする、耳鳴り、といった症状です。
脳神経症状は、がん細胞が大きくなり脳神経を圧迫するようになると起こりますが、ものが二重に見えるといった症状などの視覚障害があらわれます。

上咽頭がんの特徴として、頚部リンパ節に転移しやすいことがあげられます。
リンパ節に転移すると、リンパ腺の腫れがあらわれます。
リンパ節の腫れは見た目でもわかりやすく、この段階でがんを発見する場合も多く見られます。

一方、扁桃腺の周囲にできる中咽頭がんの症状は、ほとんどが扁桃腺とその周辺部にあらわれます。
また、舌根部分にも症状があらわれます。

中咽頭がんの症状としては、食べ物を飲み込む際のしみる感覚や違和感、痛み(咽頭痛)といったものがあらわれます。
症状が進むと、ものを飲み込みにくくなる嚥下痛や話づらくなるといった症状があらわれます。

さらに進行すると、痛みはさらに激しくなり、耐えられない痛みになります。
開口障害、嚥下障害による呼吸困難などが起こり、症状によっては命の危険もあります。
上咽頭がんと同様、中咽頭がんの場合もリンパ節の腫れが見られます。

最後に、下咽頭がんの症状については、飲み込むときに感じる違和感があげられます。
これは、下咽頭がんのできる部位が食物の通り道にあるため、がんが大きくなってくると、食べ物が引っかかり、飲み込みにくくなるためです。

下咽頭がんがさらに進行すると、飲み込もうとする際、耳の奥に鋭い痛みを感じる、中耳炎に似た症状があらわれます。
また、がん細胞が咽頭や声帯に関係する器官にまで達すると、声枯れのような症状がでます。

下咽頭がんの特徴として、食道がんも同時に併発するケースが多く、全体の25~30%にもおよびます。
そのため、下咽頭がんは頸部食道がんと呼ばれることもあります。

がんの克服方法

咽頭がんの症状【咽頭がんの警告】記事一覧

咽頭がんの原因【咽頭がんの警告】

咽頭がんのはっきりとした原因はまだ解明されていません。しかし、咽頭がんの原因ではないかと考えられることはいくつかあり、それらは咽頭がんの種類によっても異なってきます。上咽頭がんの日本での発症例はきわめてまれであるといわれます。上咽頭がんの場合、EBウイルスというウイルスが発症と関与していると考えられ...

≫続きを読む

咽頭がんの予防方法【咽頭がんの警告】

咽頭がんは、早期に発見ができればなおりやすい病気です。そのため、定期的に検査を受けることは、咽頭がんを予防する上でとても大切なことです。咽頭がんの中でも特に中咽頭がん、下咽頭がんは、喫煙、飲酒といった生活習慣が大きな原因で発症します。ヘビースモーカーや、長年にわたり喫煙暦のある人は、その生活習慣を改...

≫続きを読む

咽頭がんの治療方法【咽頭がんの警告】

咽頭がんの治療方法には、放射線治療、手術治療、化学療法とがありますが、その中でも放射線治療が主な治療法です。上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんのどれかによっても治療方法が大きく異なります。上咽頭がんの場合、放射線での効果があらわれやすいため、放射線治療が手術よりも優先して行われます。上咽頭がんは、が...

≫続きを読む

咽頭がんの名医【咽頭がんの警告】

咽頭がんの治療は、放射線治療や抗がん剤治療などが基本的です。しかし、下咽頭がんの場合や、がんがかなり進行してしまっているような深刻なケースでは、手術による治療を行うことになります。手術による治療は、体への負担も大きくなり、手術のしかたによって術後の経過も大きく異なってくることになります。そのため、手...

≫続きを読む

咽頭がんの手術方法【咽頭がんの警告】

咽頭がんの治療は、放射線療法と抗がん剤投与の化学療法とが主な治療方法になります。しかし、下咽頭がんの場合や、上咽頭がん、中咽頭がんでも放射線だけでは治療しきれない場合は、手術による治療を行います。下咽頭がんの約60%が、発見の段階でかなりがんが進行しており、頚部リンパ節にまで転移しているといわれます...

≫続きを読む

咽頭がんの克服方法【咽頭がんの警告】

素晴らしい咽頭がんの名医とめぐり合い、治療を受けることによって咽頭がんが治ったとしても、それだけでは咽頭がんを克服したとはいえません。本当の意味で咽頭がんを克服するためには、これまでの生活習慣の改善からはじめなければなりません。咽頭がんにかかった患者には、喫煙や飲酒の愛好家が多いかもしれません。それ...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ