膵臓がんの克服方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな克服方法があります

膵臓がんは、発見も非常に難しい上に、手術も非常に難度な手術となります。
また、転移が非常に早いため、手術後は転移することを防ぐためにも、化学療法や放射線療法により治療が続けられます。
これらの治療には副作用を伴い、それは個人によっても異なりますが、苦しいものになることも考えられます。
副作用があまりにも苦しいようなら、医師に相談して、治療方法を変えてもらわなければなりません。

膵臓がんは、手術によって膵臓をどのくらい切除したかによって、手術後の生活にも大きな差が現れてきます。
膵臓をすべて摘出した場合は、膵液の分泌やインスリンなどのホルモン分泌が行われないため、人工的にそれらを体の中に入れなければなりません。
生涯にわたり、消化酵素の薬を服用したり、インスリンの注射を打ったりしなくてはならなくなります。
これらのことは、その後の生活の質(QOL)に大きな影響を与えてしまうことになるかもしれません。
しかし、そうしなければ生きていくことが難しいため、続けていかなければなりません。

病院での治療を続けながらも、自分自身でも生活習慣には気を配りましょう。
そうすることで、再発の危険性を大きく減らすことができます。

また、免疫力をつけることは、がん細胞を撃退することにとても効果的です。
がん細胞に打ち勝つ免疫をつけましょう。

膵臓がんは転移しやすいため、油断は決してできません。
定期的に精密な検査を行い、治療も続けていかなければなりません。

生存率も決して高くはありません。
それでも、これらのことを継続して行っていれば、膵臓がんに打ち勝つことは可能です。
がんと積極的に向き合い、それとたたかっていくことが克服への道へとつながるのです。

がんの克服方法

膵臓がんの克服方法【膵臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ