膵臓がんの症状【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな名医があります

すい臓がんの手術は大変難易度の高い手術になります。
そのため、担当する医師は、膵臓がんの手術に対して高い技術を持っていなければなりません。
膵臓がんを専門に扱っている名医で、数多くの手術を手がけている医師を探しましょう。
また、手術を多く経験している医師や病院の場合でも、術後の生存率も確認しておきましょう。

また、膵臓がんの場合は、たとえ手術でがんが取り除かれたとしても、術後の治療がとても重要になってきます。
術後に合併症を起こし、死亡してしまうケースも多く見られるからです。

膵臓がんは、非常に転移しやすいがんで、進行もはやくなります。
また、がんの中でも、非常に再発性の高いがんになります。
そういう意味からも、膵臓がんの手術後の治療は大変重要になってきます。

膵臓がんの場合、再発を防ぐために、手術後も、化学療法や放射線療法によって治療を続けていくことになります。
手術だけでなく、術後もずっと治療を担当してもらう医師は、信頼のおける技術をもった医師や病院でないといけません。

また、放射線治療を行う場合、膵臓がんの場合は特に注意が必要です。
膵臓の周りの臓器には、放射線に弱い臓器が多いからです。
放射線治療に対して、豊富な経験と技術を持ち、信頼できる医師チームがいる病院を選ぶことが重要です。

がんの克服方法

膵臓がんの名医【膵臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ