膵臓がんの症状【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな症状があります

膵臓がんは、初期の症状がほとんどありません。

そのため、初期の段階で見つけることはとても難しくなります。

膵臓がんが進行するとあらわれる症状としては、まず腹痛があげられます。

また、食欲がないといった症状が見られることがあります。

しかしこれらの症状は、あまりにも漠然としており、膵臓がんに特定される症状ではないため、軽く見られがちです。

さらにがんが進行すると、続く食欲不振により体重が急激に減少する、腹部が腫れる、みぞおちの辺りが傷むといったような症状があらわれ始めます。

食欲がなくなるのは、消化酵素を多く含んだ膵液が分泌されなくなるために、消化不良を起こしてしまうためです。

また、背中の痛みを訴え場合もあります。

膵臓がんにも、がんができる部位によりいくつかの種類がありますが、中でも膵臓の頭部にできた膵頭部がんの場合は、黄疸の症状があらわれることがあります。

これは、胆管がつまったことにより起こります。

また、胆汁が十二指腸に流れなくなるために、便の色が白くなることがあります。

黄疸により、尿の色が、赤や濃い色に変わるという症状も同時にあげられます。

また、膵臓がんの症状として、膵臓の内分泌の働きであるインスリンの分泌がされなくなったために血糖をコントロールすることができなくなり、その結果、糖尿病になる人もいます。

すでに糖尿病にかかっていた人は、さらに状態が悪くなったりします。

がんがさらに進行し、他の臓器にまで転移すると、吐血や下血といった症状も見られます。



【PR】
膵臓がんになってしまったら、、、万が一のこともあります。

万が一のことに備えて、身の回りの整理をしておきませんか?

全く動けなくなる前に、身の回りの整理をしてスッキリしておきましょう。

もしも自分で出来そうになかったら、業者さんもたくさんあるので依頼してみてはいかがでしょうか?

口コミ情報だと鹿児島片付け110番がオススメらしいですよ。

がんの克服方法

膵臓がんの症状【膵臓がんの警告】記事一覧

膵臓がんの原因【膵臓がんの警告】

膵臓がんにかかる人は、年々増加の傾向がありますが、その発症のはっきりとした原因はまだわかっていません。しかし、膵臓がんの増加が、食文化の欧米化にあるともいわれています。これは、膵臓がんの患者には、実際に、肉類中心の高脂質、高たんぱく、高カロリーの食事を多く摂取していた人がとても多いという事実からも、...

≫続きを読む

膵臓がんの予防方法【膵臓がんの警告】

膵臓は、体の真ん中あたりの、胃の後ろにあり、長さ約20センチ程度の細長い臓器です。膵臓は多くのほかの臓器に囲まれているため、検査によって発見することがとても難しくなります。そのため、発見が遅れてしまうケースが多く見られます。そうならないためにも、できるだけ膵臓がんの専門の検査ができる病院を見つけ、定...

≫続きを読む

膵臓がんの治療方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんの治療方法には、手術療法、化学療法、放射線療法の3つがあります。がんの進行具合、またがんの種類などによっても治療方法は異なってきます。主治医としっかりと話し合って、治療方法を決めていきましょう。手術療法は、手術により、膵臓にできたがん細胞を切除する方法です。膵臓がんの手術は大変難しい大手術と...

≫続きを読む

膵臓がんの名医【膵臓がんの警告】

すい臓がんの手術は大変難易度の高い手術になります。そのため、担当する医師は、膵臓がんの手術に対して高い技術を持っていなければなりません。膵臓がんを専門に扱っている名医で、数多くの手術を手がけている医師を探しましょう。また、手術を多く経験している医師や病院の場合でも、術後の生存率も確認しておきましょう...

≫続きを読む

膵臓がんの手術方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんの手術方法にはいくつかあります。どの手術方法を行うかは、がんの種類や進行度によっても異なってくるため、手術の前に医師とじっくり相談してから治療をはじめましょう。膵臓がんの中でも最も多い膵頭部がんの場合は、通常は、膵頭十二指腸切除術が行われます。膵頭十二指腸切除術は、膵臓の頭部、十二指腸の全部...

≫続きを読む

膵臓がんの克服方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんは、発見も非常に難しい上に、手術も非常に難度な手術となります。また、転移が非常に早いため、手術後は転移することを防ぐためにも、化学療法や放射線療法により治療が続けられます。これらの治療には副作用を伴い、それは個人によっても異なりますが、苦しいものになることも考えられます。副作用があまりにも苦...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ