卵巣がんの克服方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんにはこんな克服方法があります

卵巣がんは、もしも転移する前の早期の段階で発見することができれば、その約8割は治癒できるといわれています。
しかし、卵巣がんは早期の発見が非常に難しいとされている病気です。
卵巣がんの場合、すでに転移がみられる進行がんになってから発見されるケースが全体の約6割を占めています。
このように進行がんになってから発見されて治療を行った場合、5年後の生存率は、進行度によっても差がありますが、約50%~10%に低下してしまいます。
そのため、卵巣がんは、そのほかの女性特有のがんである乳がんや子宮がんなどとくらべると、5年後の生存率は決してよくはありません。
早期発見が難しいことが、卵巣がんの治癒率を低下させているのです。

卵巣がんを発見し、治療により治癒することに成功したとしても、その後の生活の仕方が重要になります。
卵巣がんを発症する原因ともなるような生活習慣を続けていれば、がんはまたいつ再発するかわかりません。
がんを再発させないためにも、免疫力を向上させ、がん細胞が発症しにくい体を作ることが大切です。
食事のバランスに気をつけ、適度な運動を行い、健康的な生活を送るように心がけましょう。

また、進行した卵巣がんのため、治療により大きな後遺症が残ってしまった人もいるかもしれません。
後遺症と長くつきあっていくことはとても大変なことかもしれません。
しかし、リハビリを行なうことである程度まで克服することは可能です。
少しでも生活しやすいように改善する努力を行い、前向きに生きていく姿勢を持ちましょう。
家族や周りの人の支えを励みとしながら、必ずがんを克服できると信じてがんばることが大切です。

がんの克服方法

卵巣がんの克服方法【卵巣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ