卵巣がんの名医【卵巣がんの警告】

卵巣がんにはこんな名医があります

卵巣がんは、婦人科のがんの中でも手ごわい病気だと言われます。
卵巣がんは早期発見が難しいということもあり、その治癒率は、乳がんや子宮がんに比べてあまりよくないのが現状です。
しかし、最近では次々に臨床試験の結果が発表されており、治療技術も進歩してきています。
それに伴い、卵巣がんの標準的治療も確立されてきました。

 

卵巣がんの治療を行う病院や専門医を探すにあたっては、情報収集をすることもよい方法です。
実際に卵巣がんになり治療を行った経験のある人がいれば、その人から病院や医師の情報を得るとよいでしょう。
同じ苦しみを経験した人から聞く情報は何よりも心強く、参考となるでしょう。

 

卵巣がんの治療は外科による手術と抗がん剤による化学療法とが主な治療法になっています。
治療法が確立されてきているとはいえ、医療機関によってその治療方法は異なることもあります。
治療を担当する医師を選ぶときには、セカンドオピニオンを聞くなどするのもひとつの方法です。

 

治療方針を相談していく上で、治療におけるメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。
医師から十分な説明を受けた上で、最終的に治療方針を決めるのは患者本人でなければなりません。
十分なインフォームド・コンセントが受けられる病院を選ばなければなりません。

 

治療方針は、患者の年齢や体力を考慮しながら決めていかなければなりません。
卵巣がんの患者の中には若い女性も多く含まれます。
卵巣がんの場合、卵巣等を摘出することで、その後の人生が大きく変わってしまうことにもなりかねません。
妊娠機能を温存させたいかどうかの意思は、治療前にはっきりと示さなければなりません。

がんの克服方法

卵巣がんの名医【卵巣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ