卵巣がんの治療方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんにはこんな治療方法があります

卵巣がんの治療方法には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。
どの治療方法を選択するかは、がんの進行度や種類などのよって異なります。

卵巣がんの治療の基本は外科による手術です。
がんの発見が早く、早期がんであれば、手術による治療だけで治すことができます。
しかし、卵巣がんの場合は、早期発見は難しく、ほとんどケースが進行がんになります。

手術による治療だけでがんをすべて取り除くことができない場合は、手術後に補助療法が行われます。
以前は、補助療法として放射線療法もよく使われていましたが、最近では抗がん剤による化学療法がメインで行われています。
補助療法としては、いくつかの抗がん剤を組み合わせて投与をすることで治療を行っていきます。
現在の卵巣がんの標準的な治療法では、手術によりすべてがんを摘出できた早期がんの場合でも、手術後は抗がん剤投与による治療を続けます。
卵巣がんの場合、抗がん剤は比較的効果があるといわれます。

また、がんの進行がかなり進んでおり、手術による治療ができない場合は、抗がん剤の投与がメインの治療となります。
標準的治療では、いくつかの抗がん剤の種類を組み合わせて治療を行っていきます。
進行がんの場合、この抗がん剤治療を6回から7回に分けて投与していきます。
副作用が軽い場合は、入院せずに外来で治療を行うことができます。

また、抗がん剤治療を行うことでがんが小さくなった場合、手術を行ってがんを摘出する場合もあります。
手術を行うかどうかは、患者の体力や年齢なども考慮して決めていきます。

進行した卵巣がんの場合、基本的に治療方法は2通りにわけられます。
ひとつは、最初に手術で卵巣等を摘出した後に補助療法として化学療法等で治療を続けていくという方法です。
もひとつの方法は、最初から抗がん剤による治療をしてがんを小さくしておき、その後手術によりがんを摘出するという方法です。
実際、どちらの方法で治療を行った方が、より高い効果を得られるかということは、現在のところ、まだ臨床試験中です。
どちらの方法も効果に違いがない場合は、治療後の患者の負担ができるだけ少なくて済む方の治療方法を選択することが大切になるでしょう。

がんの克服方法

卵巣がんの治療方法【卵巣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ