卵巣がんの原因【卵巣がんの警告】

卵巣がんにはこんな原因があります

卵巣がんは女性に特有の病気です。
卵巣がんを発症する原因は、はっきりとしたものは確立されていませんが、考えられる危険因子はいくつかあります。

年齢でいえば、卵巣がんの患者は50歳台以降の女性に多く発症が見られます。
卵巣がんにかかる患者の約7割が閉経後であるといわれます。
このことから、加齢が卵巣がん発症の危険因子のひとつであることがわかります。

また、遺伝的要因が考えられます。
家族や2親等以内の親戚の中に卵巣がん、または乳がんを発症した人がいる人は、リスクが高くなります。

過去の病歴も卵巣がんの発症と関連があります。
過去に子宮内膜がや乳がんにかかったことのある人は卵巣がんの発症率も高くなる傾向にあります。

卵巣機能の異常が卵巣がんを発症するリスクとなることもあります。
たとえば、30歳前後で月経不順、無月経の人、あるいは不妊症の人はリスクが高まります。
また、重度の月経前症候群も卵巣がん発症の要因リスクとなります。
妊娠や出産の経験のない人、初潮が早い人、閉経が遅い人なども、そうではない人と比べると発症リスクが高くなります。

生活習慣によるものも、卵巣がんの発症率とかかわりがあります。
食生活では、肉類、脂質の多いものを多く摂取するなどの欧米型の食事があげられます。
甘いものなどの食べ過ぎ、肥満、糖尿病、高血圧も、卵巣がんの発症率を高めるとされています。
また、喫煙の習慣も悪影響を与えると考えられます。

がんの克服方法

卵巣がんの原因【卵巣がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ