卵巣がんの症状【卵巣がんの警告】

卵巣がんにはこんな症状があります

卵巣がんは、ほかのがんと同様、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。
卵巣は骨盤内にあるため、症状がなかなか外にあらわれにくくなります。
そのため自覚症状がないままがんは進行してまうケースが多く見られます。
異変に気づき検査に訪れる人の約3分の2はすでに他の部位に転移してしまってからであるといわれます。

進行が進み腫瘍が大きくなると、腫瘍が大きくなることで腫瘍が膀胱や腸を圧迫するようになります。
そのために、下腹部が張ったような腹部膨満感や、下腹部にしこりを感じるといった症状があらわれます。
また、頻尿などの排尿障害があらわれることもあります。
しかし、これらの症状には痛みを生じません。
その他の症状では、腰痛、便秘、胃腸障害といった症状があらわれることもあります。
ホルモンの分泌に異常があらわれることから、月経不順や不正出血の症状が出ることもあります。

卵巣がんの中でも特に転移しやすいがんの場合は、腹水が起こることでお腹が大きくなったりすることがあります。
また、胸水のために、息切れや呼吸困難の症状があらわれることもあります。
これらの症状は、がんが卵巣内で大きくならず、転移を起こしたことで生じます。
転移しやすいがんの場合、自覚症状があらわれるのはがんがすでに他の部位に転移してからのことが多くなります。

さらにがんが進行してしまうと、全身の症状があらわれはじめ、貧血を起こしたり、原因がわからない体重の減少などがあります。

がんの克服方法

卵巣がんの症状【卵巣がんの警告】記事一覧

卵巣がんの原因【卵巣がんの警告】

卵巣がんは女性に特有の病気です。卵巣がんを発症する原因は、はっきりとしたものは確立されていませんが、考えられる危険因子はいくつかあります。年齢でいえば、卵巣がんの患者は50歳台以降の女性に多く発症が見られます。卵巣がんにかかる患者の約7割が閉経後であるといわれます。このことから、加齢が卵巣がん発症の...

≫続きを読む

卵巣がんの予防方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんにかかる人は年々増加傾向にあります。日本では、現在年間6000人から8000人の人が卵巣がんにかかっているといわれます。これには、食生活の変化が大きく影響していることが考えられます。卵巣がんの予防法としては、やはり食生活などの生活習慣に気をつけることが一番大切でしょう。肉類や脂肪分が中心の高...

≫続きを読む

卵巣がんの治療方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんの治療方法には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。どの治療方法を選択するかは、がんの進行度や種類などのよって異なります。卵巣がんの治療の基本は外科による手術です。がんの発見が早く、早期がんであれば、手術による治療だけで治すことができます。しかし、卵巣がんの場合は、早期発見は難しく、ほ...

≫続きを読む

卵巣がんの名医【卵巣がんの警告】

卵巣がんは、婦人科のがんの中でも手ごわい病気だと言われます。卵巣がんは早期発見が難しいということもあり、その治癒率は、乳がんや子宮がんに比べてあまりよくないのが現状です。しかし、最近では次々に臨床試験の結果が発表されており、治療技術も進歩してきています。それに伴い、卵巣がんの標準的治療も確立されてき...

≫続きを読む

卵巣がんの手術方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんの治療の基本は外科による手術療法です。卵巣がんの手術は、4時間から5時間にもおよぶ大手術となることも多くなります。このような大手術になるのは、卵巣がんの手術を行うときには、卵巣の摘出と同時に、がんの進行度も確認する検査が必要になるからです。卵巣は、親指の頭くらいの大きさで、お腹の奥のほうにあ...

≫続きを読む

卵巣がんの克服方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんは、もしも転移する前の早期の段階で発見することができれば、その約8割は治癒できるといわれています。しかし、卵巣がんは早期の発見が非常に難しいとされている病気です。卵巣がんの場合、すでに転移がみられる進行がんになってから発見されるケースが全体の約6割を占めています。このように進行がんになってか...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ