鼻腔がん・副鼻腔がんの克服方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな克服方法があります

鼻腔がん・副鼻腔がんの場合も他のがんと同様に、早期に発見し、早期に治療を行うほど、予後の経過は良好となります。
鼻腔がん・副鼻腔がんの予後は組織型の違いによっても異なってきます。
しかし、鼻腔がん・副鼻腔がんは他の部位に転移することが比較的少ないことから、早期の段階で治療を行うことができれば、そして、手術により腫瘍を十分に摘出することができれあ、予後は決して悪いとはいえません。
がんの進行度によっても異なってきますが、5年後の生存率は50%以上となっています。
もちろん、これはあくまでもデータであり、患者によっても異なってきます。

上顎洞がんの場合、5年経過してもがんの再発が見られない場合は、その後の生存率はほとんど変化しないということがあげられれます。
もちろん、完全に再発の危険がないということはいえませんが、治療後5年間何もなければ、ほぼ完全に治癒することができるのです。

鼻腔がん・副鼻腔がんは早期発見、早期治療を行うことがとても大切です。
しかし、実際は、発見が遅れることも多く、がんが進行してしまってからでは治療の難易度も高くなってしまいます。
現在の治療技術を駆使しても顔の組織を温存することができない場合、上顎や眼球を摘出するケースもあります。
そのようになった場合、治癒後の生活の質をできるだけ低くさせないようにすることが大切です。
治療の後遺症を乗り越え、本当の意味でがんを克服するために大切なのは、患者本人の強い意志ももちろん重要ですが、周りの家族などのあたたかい支えや理解も不可欠となります。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの克服方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ