鼻腔がん・副鼻腔がんの手術方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな手術方法があります

鼻腔がん・副鼻腔がんの手術は、通常、放射線治療や化学療法と組み合わせて行なっていきます。
手術を行なう前の放射線治療や抗がん剤治療が効果を発揮し、腫瘍が消えてしまうこともあります。
また、腫瘍が小さくなった場合は、腫瘍の周りの組織はできるだけ温存したまま腫瘍を摘出することができます。

しかし、放射線治療や抗がん剤を使っても、がんがあまり小さくならない場合もあります。
腫瘍が肉眼やCT検査によりすぐに見えるような大きさの場合は、どうしても拡大手術が必要となってきます。
拡大手術では、上顎を切除し、ときには眼球も摘出しなければなりません。
このような拡大手術を行う場合には、切除した部分の再建術も必要になります。
切除により欠損した部分には、腹部筋肉皮弁や骨の移植手術を行ないます。
また、眼球摘出を行った場合には義眼を入れるための再建術が行われます。

がんが進行し、頚部リンパ節にまで転移が見られる場合は、周囲の組織と共に決められた範囲のリンパ節も切除する頸部リンパ節郭清術を行なう必要があります。

また、腫瘍が頭蓋底にまで浸潤している場合は、頭蓋外からの治療ではなく、頭蓋内から腫瘍を摘出する手術を行ないます。
そのため、脳外科や形成外科の専門医の協力も必要となってきます。
手術後は、状況に応じて、放射線治療や化学治療が引きつづき行われます。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの手術方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ