鼻腔がん・副鼻腔がんの名医【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな名医があります

鼻腔がん・副鼻腔がんの治療は、以前では腫瘍部分を広く切除する拡大手術が主に行なわれていました。
治療の技術の進歩に伴い、今では手術のみではなく、放射線療法、化学療法を組み合わせながら治療を行なっていくことで、治癒率を低下させることなく、部分的切除で済み、顔の組織を温存したまま治療を行っていくことができるようになりました。

しかし、放射線治療や抗がん剤治療を行ったとしても、腫瘍が小さくならない場合や、腫瘍のできた部分によっては、どうしても拡大手術が必要となり、その結果、顔が大きく変形してしまったり、場合によっては眼球を摘出しなければならないケースも出てきます。
手術により、上顎や眼球までも摘出しなければならない場合は、まず患者の気持ちを最優先に尊重することが大切です。
具体的には顔がどのように変化することになるのか、美容形成によってどの程度まで顔を復元することができるのかなどについて、主治医、患者、そして患者の家族も含めてよく話し合うことが重要です。
そして、患者本人が納得できるまでとことん話し合ってから決める必要があります。
最終的には患者本人の意思により、決定を下すことになります。
あくまでも患者本人の意思や意見を尊重するインフォームド・コンセントがなされるようにしなければなりません。

治療により、大きく顔貌の変化を伴う場合、優れた美容形成の外科医を探すことも大切になります。
今の時代は、美容形成の技術もかなり進歩しています。
優れた技術により再建術を受けることにより、大きな成果を得ることができれば、患者のその後の人生も大きく変わってくることになります。

担当する医師は、技術面だけではなく、患者の内面的問題にも親身になって相談に乗ってくれる医師がよいでしょう。
主治医をはじめ家族も患者の支えとなって治療を続けていくことが大切です。
患者の手術後の社会復帰についても、考慮しながら治療をすすめていく必要があるでしょう。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの名医【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ