鼻腔がん・副鼻腔がんの治療方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな治療方法があります

鼻腔がん・副鼻腔がんの治療方法としては、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。

通常のがんの治療では、外科手術によりがんの部分を含めその周囲を広く切除することが最も確実な方法です。
しかし、鼻腔がん・副鼻腔がんの場合では、鼻腔のまわりには、眼球など非常に重要な臓器がいくつかあります。
これらの臓器を傷つけないためにも、むやみに広範囲に切除手術を行なうわけにはいきません。
そのためにも、近年では外科療法に加え、放射線療法や化学療法を組み合わせた三者併用療法が行なわれています。
放射線療法や化学療法の効果があらわれて腫瘍を小さくすることができれば、副鼻腔炎(蓄膿症)の手術をあまりかわらないくらいの手術でもがんを治すことができます。

医療機関によっても治療の方法は異なってきます。
一般的には週に4回から5回の放射線治療と抗がん剤治療を併用して治療を行っていきます。
この治療を続けることで、腫瘍が死滅してしまうこともあります。
腫瘍が小さくなれば、手術により腫瘍を切除していくことになります。

化学療法のみが単独で行なわれることはほとんどありません。
通常は、手術や放射線療法と組み合わせて行ないます。
放射線治療や抗がん剤治療は、手術の前に行なうだけでなく、手術後にも行なわれることがあります。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの治療方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ