鼻腔がん・副鼻腔がんの原因【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな原因があります

鼻腔がん・副鼻腔がんを発症するはっきりとした原因はわかっていません。
しかし、考えられる要因のひとつとしては、慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症にかかっていることがあげられます。
長く慢性副鼻腔炎にかかっている人は発症のリスクが高くなると思われます。
慢性副鼻腔炎にかかり、副鼻腔内の粘膜が常に炎症を起こした状態が続くと、粘膜の組織ががん化しやすくなると考えられています。
最近では慢性副鼻腔炎にかかる患者の数が減ってきていることから、鼻腔がん・副鼻腔がんを発症する人も減少傾向にあるといわれています。

鼻や副鼻腔にできる病気として乳頭腫がありますが、乳頭腫を発症することで、その合併症として鼻腔がん・副鼻腔がんを発症するケースもあることがわかっています。

金属などの粉塵を吸い込むことでも、鼻腔がん・副鼻腔がんの発症リスクを高くするといわれています。
また、ヒトパピローマウイルスに感染することでも発症リスクを高くするといわれます。

鼻腔がん・副鼻腔がんを発症する年齢は40歳代から60歳代が一番多く、男性と女性とでは、男性の方が発症する人が多くなります。
鼻腔がん・副鼻腔がんは欧米ではまれな病気ですが、日本人には多い病気ということです。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの原因【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ