鼻腔がん・副鼻腔がんの症状【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな症状があります

鼻腔にできるがんを鼻腔がんといい、副鼻腔にできるがんを副鼻腔がんといいます。
鼻腔は呼吸するための空気の出入り口となる部分で、いわゆる鼻の穴のことです。
副鼻腔は鼻腔に通じる左右四対の空洞のことをいいます。
空洞は粘膜で覆われており、この粘膜にがんが発生します。
空洞ごとに、上顎洞がん、飾骨洞がん、前頭洞がん、蝶形骨洞がんとに分けられます。
このうち、最も多く発生するのは上顎洞がんで、眼窩の下あたりにある空洞にできるがんです。

鼻腔がん・副鼻腔がんは、初期の段階ではほとんど自覚症状がないのが特徴です。
まれにですが、血の混じった鼻水に様なものが出るといった症状があらわれる場合もあります。

がんが進行してくると、周囲の組織が圧迫されることでさまざまな症状が起こります。
まず、鼻づまり、鼻水、鼻出血といった症状があげられます。
また、悪臭のある鼻汁が出たり、涙が出やすくなったりといった症状が出ることもあります。
これらの症状は蓄膿症の症状とよく似ているため、発見が遅れてしまう原因となることもあります。
鼻腔がん・副鼻腔がんと蓄膿症との違いは、これらの症状が鼻腔がん・副鼻腔がんの場合は一側性であらわれるという点です。
つまり、鼻水や鼻づまりの症状でも片方の鼻だけに生じるのが鼻腔がん・副鼻腔がんの特徴です。

さらにがんが進行すると、眼が突出したり、物が二重に見えたりといった症状があらわれることがあります。
これは眼球の周囲の骨ががんにより破壊されたことにより生じます。
またがんが歯、あご、口腔内にまで浸潤すると、歯痛、歯茎の腫れ、上あごの腫れといった症状が出てきます。
顔や頬が腫れたり、痛みを感じたりすることもあります。
これらの症状があらわれたら、がんはすでにかなり進行していると思われます。
これらのがんの症状は、がんのできた場所によっても異なってきます。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの症状【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】記事一覧

鼻腔がん・副鼻腔がんの原因【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんを発症するはっきりとした原因はわかっていません。しかし、考えられる要因のひとつとしては、慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症にかかっていることがあげられます。長く慢性副鼻腔炎にかかっている人は発症のリスクが高くなると思われます。慢性副鼻腔炎にかかり、副鼻腔内の粘膜が常に炎症を起こした状態...

≫続きを読む

鼻腔がん・副鼻腔がんの予防方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

副鼻腔がんは、耳鼻咽頭科のがんとしては、咽頭がんに次いで多くみられるがんです。鼻腔がん・副鼻腔がんを発症する大きな要因として、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)にかかっていることがあげられます。蓄膿症は、副鼻腔内に膿がたまっている状態のことをいいます。慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)を発症しないようにすることが、鼻腔が...

≫続きを読む

鼻腔がん・副鼻腔がんの治療方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんの治療方法としては、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。通常のがんの治療では、外科手術によりがんの部分を含めその周囲を広く切除することが最も確実な方法です。しかし、鼻腔がん・副鼻腔がんの場合では、鼻腔のまわりには、眼球など非常に重要な臓器がいくつかあります。これらの臓器...

≫続きを読む

鼻腔がん・副鼻腔がんの名医【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんの治療は、以前では腫瘍部分を広く切除する拡大手術が主に行なわれていました。治療の技術の進歩に伴い、今では手術のみではなく、放射線療法、化学療法を組み合わせながら治療を行なっていくことで、治癒率を低下させることなく、部分的切除で済み、顔の組織を温存したまま治療を行っていくことができ...

≫続きを読む

鼻腔がん・副鼻腔がんの手術方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんの手術は、通常、放射線治療や化学療法と組み合わせて行なっていきます。手術を行なう前の放射線治療や抗がん剤治療が効果を発揮し、腫瘍が消えてしまうこともあります。また、腫瘍が小さくなった場合は、腫瘍の周りの組織はできるだけ温存したまま腫瘍を摘出することができます。しかし、放射線治療や...

≫続きを読む

鼻腔がん・副鼻腔がんの克服方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんの場合も他のがんと同様に、早期に発見し、早期に治療を行うほど、予後の経過は良好となります。鼻腔がん・副鼻腔がんの予後は組織型の違いによっても異なってきます。しかし、鼻腔がん・副鼻腔がんは他の部位に転移することが比較的少ないことから、早期の段階で治療を行うことができれば、そして、手...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ