骨髄腫の克服方法【骨髄腫の警告】

骨髄腫にはこんな克服方法があります

多発性骨髄腫の治療後の生存期間の平均は約3年です。
10年以上生存する確率は約3%~5%となります。
多発性骨骨髄腫は、長期予後が非常に難しい病気といえます。
多発性骨髄腫は、最終的には必ず死にいたってしまう病気です。

多発性骨髄腫を発症してから数年間生き延びた人の中には、抗がん剤による治療の後遺症として、白血病などの後発合併症を引き起こしてしまう人もいます。
重度の貧血のため、感染症になりやすくなったり、出血を起こしやすくなったりもします。

しかし、最近では抗がん剤の開発が進み、治療技術も大きく進歩してきています。
サリドマイドなどの新薬が開発され、それが使用される範囲も広がってきているのが現状です。
これら新薬の開発により、これまでの多発性骨髄腫の治療方法が大きく変わることにもなると、大きな期待が寄せられています。

抗がん剤治療を最後まで続けることで、副作用に苦しみながらも少しでも長く生きることを選ぶのか、それとも延命は望まず、痛みを緩和する治療を選ぶのか、それは患者本人が決めなければならないことです。

終末期のケアについては、事前に家族などと話し合っておくことが必要です。
意思決定ができなくなった場合に備えて、アドバンス・ディレクティブという事前指示書を書いておき、あらかじめ自分の希望する治療方針を指示しておくこともできます。
最後は栄養チューブを使用するのか、それともしないのかなども記しておきます。
あくまでも患者本人を尊重し、最後まで自分の意思で治療方針を決め、自分の選んだ方法で死を迎えることが何よりも大切なことだといえます。

がんの克服方法

骨髄腫の克服方法【骨髄腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ