骨髄腫の名医【骨髄腫の警告】

骨髄腫にはこんな名医があります

多発性骨髄腫の治療の技術は進歩してきているとはいえ、依然として非常に治療の難しい病気です。
現在のところ、多発性骨髄腫を完全に治す治療方法はありません。

多発性骨髄腫の治療の特徴としては、そのほかの固形がんの治療と異なり、早期治療を行っていくことが最良の方法とは限らないこともあります。
また、病気を治すことだけが目的とも限らないのが多発性骨髄腫の特徴です。
多発性骨髄腫の患者は、最終的には自分の望む治療方法を自分で選択していくことになります。
そして自分の望む治療を行うのに最適な医療機関や主治医を選択していくことになります。

比較的年齢が若く、体力のある患者は、大量化学療法や移植手術をおこなうことを選択するかもしれません。
移植手術はリスクも伴う手術です。
その場合は、移植手術に対して技術と実績を持つ優れた外科医のいる病院を探さなければなりません。

一方で、多発性骨髄腫は高齢の患者が多いことがあげられます。
骨髄腫の治療は、大量の抗がん剤を組み合わせて治療を行っていくことになります。
抗がん剤治療による副作用もひどくなります。
高齢の患者にとって、強い抗がん剤を大量に投与しながら治療を続けていくことは体力的にも非常に大変なことです。
このような高齢の患者に対しては、やみくもに抗がん剤治療を行って体を痛めてしまうよりも、むしろ緩和療法を行いながら合併症の予防をしていくことのほうが、結果的には長く生きられることにつながるケースもあります。
抗がん剤による治療を望まず、痛みを緩和する治療を望む場合には、その旨を主治医に相談し、じっくり話し合って決めていきましょう。
その場合は、痛みをやわらげる緩和療法などを行っていくことになります。

多発性骨髄腫の治療を行うにあたっては、がんの進行度にはもちろんのこと、患者の年齢、体力、合併症の危険度など、いろいろな面を考慮しながら、治療を行うのか、それとも行わないのか、決めていかなけれなりません。
どの治療方法を選択するかは、患者のライフスタイルにも大きくかかわってきます。
あくまでも、その患者にとって最良の治療方法を選択していくことになります。

がんの克服方法

骨髄腫の名医【骨髄腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ