骨髄腫の治療方法【骨髄腫の警告】

骨髄腫にはこんな治療方法があります

骨髄腫の主な治療方法は、化学療法、放射線療法です。
そのほかには、外科療法、造血幹細胞移植、補助療法、免疫療法などがあります。
骨髄腫は非常に難易度の高い病気であり、治療をおこなっていくのもとても難しくなります。

骨髄腫の化学療法は、いくつかの抗がん剤を組み合わせ、抗がん剤とステロイド剤を組み合わせた治療が中心になります。
化学療法では、抗がん剤を使って、異常な形質細胞を死滅させていきます。
そうすることで、病気の進行を遅らせることが可能です。
しかし、化学療法では、異常な細胞を死滅させると同時に、正常な細胞までも殺してしまうことになります。
そのため、血液の赤血球を調べて、白血球や血小板の数が減っていないかを検査します。
もし、白血球や血小板の数が大幅に減少している場合は、抗がん剤の量を減らしたり調整しながら治療をおこないます。

放射線療法も、あくまでも骨の部分の病変や腫瘤性の病変の増殖を抑える目的で行われます。
近年は、治療技術の進歩により、放射線治療も比較的よく効くようになっています。
骨の痛みが激しい患者に関しては、その骨に対して強い鎮痛剤を投与し、それと並行して放射線治療を行うことで少しでも痛みを緩和していきます。
放射線治療をおこなうことで、骨の骨折を予防することも可能です。

治療方針は血液内科や放射線科の専門医が決めていくことになります。
骨髄腫の治療の目的は、症状をできる限り緩和し、合併症を予防することと、できるだけ形質細胞を破壊して減らし、病気の進行をできる限り遅らせるということです。

がんの克服方法

骨髄腫の治療方法【骨髄腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ