骨髄腫の予防方法【骨髄腫の警告】

骨髄腫にはこんな予防方法があります

多発性骨髄腫を発症する人は、毎年10万人あたりにつき約2人~3人程度といわれます。
決して多い発症率ではありませんが、多発性骨髄腫を発症する人は年々増加傾向にあるといわれています。
多発性骨髄腫を発症する年齢が高齢になるほど多いことから、高齢化がひとつの増加の原因と考えられますが、そのほかには食生活の変化など、生活習慣の変化もそのひとつではないかと考えられています。
実際に、多発性骨髄腫は欧米人に多い病気で、これまでは日本人には少ないとされていた病気だからです。
欧米系の食生活への変化などが発症に影響している可能性も考えられます。

また、最近では、検査技術の進歩により、検診などにより、比較的初期の段階で病気が発見されるようになったことがあげられます。
比較的合併症の少ない初期の段階で発見され、治療を行うことができればそれだけ予後の期待も大きくなります。
早期に発見するためにも、毎年必ず検診を受けるようにすることが大切です。
特に40歳を過ぎた年齢の人は必ず受けるようにしましょう。

また、多発性骨髄腫は、遺伝的要因が考えられる病気です。
家族や親戚の中に多発性骨髄腫を発症したことのある人は、特に注意が必要です。
必ず定期健診は受けるようにすることが大切です。

がんの克服方法

骨髄腫の予防方法【骨髄腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ