骨髄腫の症状【骨髄腫の警告】

骨髄腫にはこんな症状があります

骨髄腫は全身の骨に多発することから、一般的に多発性骨髄腫とよばれています。
骨髄腫は、血液のがんの一種で、骨髄の中の形質細胞ががん化することによって発症します。
まれにひとつの骨にだけ単発に発生することもあります。

骨髄腫は、脊椎、骨盤の骨、胸骨、肋骨などのように、血液を活発に作っている骨によく発生します。
手足の骨に発生することもあります。

骨髄腫の主な症状としてあげられるのは、がんが進行するにしたがって徐々に悪化していく痛みです。
骨髄の中の骨髄腫細胞が増加することにより、骨髄での赤血球や白血球、血小板といった造血がうまくできなくなります。
そのため、倦怠感を感じたり、息切れを感じたりすることがあります。
また感染症にかかりやすくなったり、出血しやすくなったりすることもあります。

さらに進行し、骨髄腫細胞が増加すると、骨を破壊するようになります。
骨の破壊の症状は、骨髄腫の特徴的な症状です。
骨の破壊が進行すると、骨がもろくなり、すぐに骨折しやすくなります。
日常生活でも病的骨折を繰り返したり、脊髄では圧迫骨折をすることがあります。
また、腰痛や背中痛を感じます。
また、脊髄の神経が圧迫されることにより、手足のしびれ、麻痺、排尿障害などがあらわれます。

さらに進行すると、腎臓などの臓器にも悪い影響を及ぼすようになり、やがて臓器の機能も低下していきます。
腎臓の機能が低下することによる障害としてはむくみなどがあります。

症状に関しては、個人によっても異なってきます。
骨髄腫の症状はこのようにいろいろな症状があらわれるのが特徴です。

がんの克服方法

骨髄腫の症状【骨髄腫の警告】記事一覧

骨髄腫の原因【骨髄腫の警告】

骨髄腫を発症するはっきりとした原因はわかっていません。しかし、要因となることはいくつか考えられています。骨髄腫の発症率は、年齢別で見ると40歳以降の人に多く発症がみられ、60歳~70歳がピークです。反対に40歳以下の人にはほとんど発症がみられないというデータがあります。骨髄腫は高齢化するほど発症率が...

≫続きを読む

骨髄腫の予防方法【骨髄腫の警告】

多発性骨髄腫を発症する人は、毎年10万人あたりにつき約2人~3人程度といわれます。決して多い発症率ではありませんが、多発性骨髄腫を発症する人は年々増加傾向にあるといわれています。多発性骨髄腫を発症する年齢が高齢になるほど多いことから、高齢化がひとつの増加の原因と考えられますが、そのほかには食生活の変...

≫続きを読む

骨髄腫の治療方法【骨髄腫の警告】

骨髄腫の主な治療方法は、化学療法、放射線療法です。そのほかには、外科療法、造血幹細胞移植、補助療法、免疫療法などがあります。骨髄腫は非常に難易度の高い病気であり、治療をおこなっていくのもとても難しくなります。骨髄腫の化学療法は、いくつかの抗がん剤を組み合わせ、抗がん剤とステロイド剤を組み合わせた治療...

≫続きを読む

骨髄腫の名医【骨髄腫の警告】

多発性骨髄腫の治療の技術は進歩してきているとはいえ、依然として非常に治療の難しい病気です。現在のところ、多発性骨髄腫を完全に治す治療方法はありません。多発性骨髄腫の治療の特徴としては、そのほかの固形がんの治療と異なり、早期治療を行っていくことが最良の方法とは限らないこともあります。また、病気を治すこ...

≫続きを読む

骨髄腫の手術方法【骨髄腫の警告】

多発性骨髄腫の主な治療方法は、抗がん剤を使った化学療法ですが、患者の年齢が若く体力があり、激しい治療にも耐えられると判断された場合には、大量化学療法と血幹細胞移植とを組み合わせて行うこともあります。大量化学療法とは、大量の抗がん剤を使ってがんを治療していく方法です。大量の薬を体に投与することから、当...

≫続きを読む

骨髄腫の克服方法【骨髄腫の警告】

多発性骨髄腫の治療後の生存期間の平均は約3年です。10年以上生存する確率は約3%~5%となります。多発性骨骨髄腫は、長期予後が非常に難しい病気といえます。多発性骨髄腫は、最終的には必ず死にいたってしまう病気です。多発性骨髄腫を発症してから数年間生き延びた人の中には、抗がん剤による治療の後遺症として、...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ