口唇がんの克服方法【口唇がんの警告】

口唇がんにはこんな克服方法があります

口唇がんは発見しやすいがんのため、早期発見、早期治療が行われやすい病気です。
また、口唇がんは進行も比較的遅いことから、口唇がんの予後の経過も良好です。
口唇がんの5年後の生存率は90%以上にもおよびます。
しかしいくら治癒しやすいとはいっても、早期に治療を行うことができなければ、当然生存率も低くなってしまいます。
がんが2センチ以上に大きくなってしまった場合、5年後の生存率は約半分に下がってしまうといわれています。
さらには、リンパ節にまで転移してしまった場合の5年後生存率は30%に下がってしまいます。
このデータから言えることは、口唇がんがいかに早期治療を行うことが大切かということです。

治療により口唇がんを治すことができたら、その後の生活には注意が必要です。
口唇がんの発症要因リスクを高めるとされているタバコとアルコールは必ず控えなければなりません。
これまで喫煙の習慣があった人は禁煙をする必要があります。
これまでと同じような生活習慣を送っていると、がんが再発する危険が高くなります。
がんを克服するためは、生活習慣の改善はとても大切なことです。

口唇がんは再発しやすいがんだといわれています。
がんを再発させないためにも、がんに対する免疫力を高めていくことが大切です。
そして、口唇がんを治癒できた後も、定期的に検査をうけて再発を予防することが大切です。

がんの克服方法

口唇がんの克服方法【口唇がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ