口唇がんの原因【口唇がんの警告】

口唇がんにはこんな原因があります

口唇がんの発症は、環境要因との因果関係が強く影響しているといわれています。
口唇がんの発症リスクを高める要因として、紫外線があげられます。
唇に紫外線を多く浴びることや、唇を日焼けすることは、口唇がんの発症リスクを高くするといわれます。

肌のメラニン色素の量も、発症リスクを高める要因として考えられています。
メラニン色素は、紫外線によるダメージを守ってくれる役割をしています。
そのため、メラニン色素の少ない白色人種や、肌の色の薄い人のほうががんを発症しやすいといえます。
また、風に長期間当たることで、唇が乾燥し、がんを発症しやすくなるともいわれています。

紫外線以外で口唇がんを発症するリスクを高める要因としては、タバコがあげられます。
普段からタバコを吸っている人、特にヘビースモーカーの人や長年にわたりタバコを吸い続けている人は発症リスクが高くなります。
口唇がんに限らず、口腔眼すべてに関して、がん発症とタバコとの因果関係があげられます。
タバコに含まれている発がん性物質が組織を傷つけ、細胞ががん化しやすくなるのです。
また、他の口腔がんの原因と同様、タバコ以外にもアルコールの影響もあります。
アルコールを過剰摂取することで口腔に刺激が加わり、細胞を傷つけてしまうことになります。
口唇がんを発症する要因リスクは、このように生活環境や生活習慣と大きく関係しているといえます。

がんの克服方法

口唇がんの原因【口唇がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ