口唇がんの症状【口唇がんの警告】

口唇がんにはこんな症状があります

口唇がんは唇にできるがんです。
口唇がんの大部分は、下唇に発生します。
口唇がんは歯科の検診の際に発見されることもしばしばあります。

口唇がんの症状としては、唇にしこりやただれのようなものができるといったことがあげられます。
唇の外側に小さなしこりやただれのようなものができたら要注意です。
初期の段階では痛みなどはほとんど感じないことが多くなります。
患部は、赤色、白色、あるいは赤と白が入り混じったような斑点状になる場合もあります。
小さなしこりのようなものはやがて腫瘍となります。
唇の腫瘍は、やがて唇が赤くなったり、腫れたりといった症状があらわれます。
また、唇が異常に厚くなったりすることもあります。
また腫瘍の部分を指で触ってみると、硬い感触を感じます。
これらの症状は、痛みやしびれを感じる場合もあります。
中には出血の症状があらわれる場合もあります。
これらの症状がなかなか治らない場合は、口唇がんの疑いがあるといえます。

口唇がんの最も一般的なものは扁平上皮がんです。
扁平上皮がんは放っておくと、組織の深い部分にまで浸潤してしまいます。
これらの症状がいつまでも治らないようであれば病院の歯科口腔外科などを受診して検査をしてもらうことが必要です。

がんの克服方法

口唇がんの症状【口唇がんの警告】記事一覧

口唇がんの原因【口唇がんの警告】

口唇がんの発症は、環境要因との因果関係が強く影響しているといわれています。口唇がんの発症リスクを高める要因として、紫外線があげられます。唇に紫外線を多く浴びることや、唇を日焼けすることは、口唇がんの発症リスクを高くするといわれます。肌のメラニン色素の量も、発症リスクを高める要因として考えられています...

≫続きを読む

口唇がんの予防方法【口唇がんの警告】

口唇がんは唇の外側にできるため、ほかのがんに比べて見た目で目立ち、発見しやすくなります。そのため、早期に発見し、早期に治療することが比較的容易な病気です。口唇がんの発症リスクを高める要因には紫外線があげられます。そのためできるだけ唇に紫外線をあてないようにすることが、口唇がんの予防となります。紫外線...

≫続きを読む

口唇がんの治療方法【口唇がんの警告】

口唇がんの治療方法は、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。どの治療法を選択するかは、がんの大きさや進行度によって異なります。口唇がんはその進行度に応じて、5つのステージにわけられます。ステージ0は、もっとも初期の段階で、がんが上皮にどどまっている状態です。ステージ1は、がんの大きさが2セン...

≫続きを読む

口唇がんの名医【口唇がんの警告】

口唇がんの治療は、治療により顔面にダメージが残る後遺症が考えられるため、主治医選びは重要といえます。がんがある程度大きな場合には、どうしても手術により腫瘍を切除する必要があります。唇の腫瘍を切除することによって、唇の形が大きく変化し、顔の印象が大きく異なってしまうことになります。特に女性によっては、...

≫続きを読む

口唇がんの手術方法【口唇がんの警告】

口唇がんでは、通常、がんが2センチ以上の大きさになると、手術により腫瘍部分を切除することになります。腫瘍が比較的小さな場合は、放射線治療のみで治癒することが可能なケースもあり、唇を温存することができます。できる限り唇を温存したまま治療を行うためにも、放射線治療のみで治癒できれば一番いいのですが、放射...

≫続きを読む

口唇がんの克服方法【口唇がんの警告】

口唇がんは発見しやすいがんのため、早期発見、早期治療が行われやすい病気です。また、口唇がんは進行も比較的遅いことから、口唇がんの予後の経過も良好です。口唇がんの5年後の生存率は90%以上にもおよびます。しかしいくら治癒しやすいとはいっても、早期に治療を行うことができなければ、当然生存率も低くなってし...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ