乳がんの予防方法【乳がんの警告】

乳がんにはこんな予防方法があります

乳がんにかからないようにするためには、まず自分の体重管理が重要です。
特に閉経後の女性の場合、肥満になると、乳がんにかかるリスクがとても大きくなります。
肥満にならないように、食事に気をつけ、適度な運動をすることは、乳がんの最大の予防方法だといえます。

食事は脂肪分の多い食品を摂りすぎないように注意します。
肉類の取りすぎには気をつけ、魚などの良質のたんぱく質を多く摂るようにしましょう。
サバなどの青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)といった要素は、乳がんにかかるリスクを抑える効果があるのでぜひ摂取するようにしましょう。

野菜や果物、豆類など、ビタミンを多く摂取しましょう。
豆腐や納豆、味噌汁、などの大豆製品は特にいいのでおすすめです。
大豆に含まれるイソフラボンには、体内のエストロゲンと似た働きをもつ植物性のエストロゲンを多く含んでいます。
この大豆イソフラボンが体内に入ると、抗エストロゲン作用として働き、乳がんの予防になるとされます。

しかし、大豆イソフラボンには、抗エストロゲン作用のほか、エストロゲン作用もあるという二面性があります。
そのため、体内のエストロゲンの量により、その作用が異なってくる可能性があります。
特に、乳がんの治療中で、体内のエストロゲンの量が極端に少ない場合などには、逆にマイナスに働き、エストロゲンの量を増加させてしまうことも考えられるため、ただやみくもに大量摂取するのはやめましょう。

食事面のほかにも、毎日適度な運動を心がけましょう。
ウォーキングのような有酸素運動はとても効果があります。
少し体力に自信がある方は、ジョギングもおすすめです。
運動も、食事と同じで、毎日、続けていくことが最大の乳がん予防となるでしょう。

がんの克服方法

乳がんの予防方法【乳がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ