乳がんの原因【乳がんの警告】

乳がんにはこんな原因があります

乳がんになる原因として考えられるのは、まず女性ホルモンの異常です。
女性ホルモンのエストロゲンの量が多くなると、乳がんにかかるリスクが高くなるとされています。
また、更年期障害のホルモン療法によるエストロゲンの摂取や、経口避妊薬の使用も乳がんのリスクを高めるといわれます。

出産した経験がない女性や、初産年齢が遅い女性はリスクが高くなります。
また、初経が早い、閉経年齢が遅いといった女性も乳がんにかかりやすくなります。
これは、月経期間が長いことで、エストロゲンの作用を受ける期間が長くなるため、リスクが高くなると考えられます。

妊娠すると、女性ホルモンの中でも、プロゲステロンの分泌の方が多くなるため、乳がんのリスクを高めるとされるエストロゲンの影響を受けにくくなります。
エストロゲンをもっとも分泌するのは10代から20代だといわれます。
この時期に妊娠、出産をすれば、エストロゲンの影響を受けにくくなります。
しかし、女性の出産高齢化が目立つ現代社会では、エストロゲンの影響を受けやすい女性が増加しているといえます。
そのため、乳がんにかかる女性は年々増加傾向にあるといわれています。

生活習慣では、アルコールを多く摂取する傾向のある人、閉経後に肥満の人、運動をあまりしない人などが乳がんにかかりやすくなります。
また、遺伝によるリスクも考えられます。
親や姉妹、血縁関係になる親戚などに乳がんにかかった人がいる人は、乳がんにかかるリスクが高くなります。

がんの克服方法

乳がんの原因【乳がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ