中皮腫の克服方法【中皮腫の警告】

中皮腫にはこんな克服方法があります

中皮腫の予後の生存率は、1年後生存率50%、2年後生存率は約20%となっています。
中皮腫は、他のがんにくらべて他の臓器への転移がおこりにくい病気ですが、それにもかかわらず予後の生存率が低くなる理由としては、症状にあらわれにくい病気のため、発見されたときにはすでにがんが広範囲にわたって浸潤してしまっているからだと考えられます。
悪性中皮腫は進行度が速く、悪性度の高い病気なのです。

これらのことから言えるのは、中皮腫を克服するために最も必要なことは、早期発見をすることです。
早期に発見ができ、腫瘍が胸部にとどまっている場合は、治療により完治することも可能です。
手術を行うとしても、手術はきわめて難易度の高い大手術となり、患者側にもかなりの体力を必要とします。
体力のある早期の段階での発見が不可欠です。

悪性中皮腫の治療はまだ確立されていません。
そのため、治療は、医師とも相談しながら、患者の状態に合わせて手術、放射線療法、化学療法などを行っていくことになります。
また、これらを組み合わせながら新しい治療法を試みることもあります。
いずれにしても、悪性中皮腫は非常にやっかいな病気であることには間違いありません。
この病気を克服するためには、これらの治療法を組み合わせながら病気とたたかっていくしかありません。

がんの克服方法

中皮腫の克服方法【中皮腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ