中皮腫の症状【中皮腫の警告】

中皮腫にはこんな治療方法があります

中皮腫の治療法には、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。
中皮腫の種類や進行度によって、また患者の体力や状態も考慮しながら治療法を選択することになります。
以前、他の肺の病気をしたことがあるかどうかによっても治療法が異なってきます。

ここでは、悪性中皮腫の中で最も多い、びまん性の悪性胸膜中皮腫の治療法について述べます。
比較的早期の場合で、腫瘍が胸壁の片側だけにとどまっている場合は、基本的には手術による治療を行います。
さらに進行が進んだステージ2やステージ3の場合でも基本的には手術を行いますが、患者の体力も考慮して治療法を選択します。
これらの手術を行う前には、抗がん剤投与による化学療法を組み合わせ行います。

がんが進行し、手術による治療が不可能な場合は、放射線療法と化学療法とで治療を行っていくことになります。
また、放射線療法と化学療法は、手術後の再発防止の目的でも行われます。

また、放射線治療には、中皮腫の痛みを和らげる効果があります。
そのため、痛みを和らげる目的で放射線治療を行うケースもあります。
放射線療法のみで中皮腫を完治させることは難しくなります。
そのため、病院によっては放射線治療を行わないところもあります。
手術療法、放射線療法、化学療法をすべて併用する3者併用療法により治療を行うと治療の効果が高くなるとされています。

一方、中皮腫には高齢の患者が多いことから、末期の状態で、高齢の場合には、患者の体力等を考慮して放射線療法や化学療法は行わず、はじめから免疫療法や緩和療法を行う場合もあります。
免疫療法には、丸山ワクチン、リンパ球療法のほか、漢方薬の服用や食養生を行う人も多くいます。

がんの克服方法

中皮腫の治療方法【中皮腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ