中皮腫の症状【中皮腫の警告】

中皮腫にはこんな症状があります

中皮腫とは、心臓や肺、あるいは肝臓や胃などの臓器の膜の表面を被っている中皮に発生する腫瘍です。
中皮腫には良性と悪性とがありますが、一般的に中皮腫といえば悪性中皮腫を差すことが多くなります。

中皮腫は発生する部位によって、胸膜中皮腫、腹膜中皮腫、心膜中皮腫などの種類に分けられます。
症状は、腫瘍の発生する部位によっても異なってきます。

中皮腫は症状があまりあらわれません。
そのため、かなり進行してから発見される場合も少なくありません。
健康診断の胸部X線検査のときにたまたま発見するというパターンもよくあります。

胸膜中皮腫の一般的な症状としては、息切れや胸痛があげられます。
そのほかには、運動能力の低下があげられます。
腫瘍が広範囲にひろがるびまん性の胸膜中皮腫では、胸水がたまることにより呼吸困難がおこることがあります。 

喫煙者で、慢性気管支炎のある人が発症すると、せきや喘鳴の症状があらわれることもあります。
また、悪化するとさらに呼吸が苦しくなり、呼吸不全に陥ることもあります。

腹膜中皮腫の場合は、腹部の膨満感、腹痛、腹水などの症状が出ることがあります。
そのほかには、食欲不振、嘔吐などもあります。
腹膜中皮腫の症状は、女性の場合卵巣がんの症状と似ていることがあります。

がんの克服方法

中皮腫の症状【中皮腫の警告】記事一覧

中皮腫の原因【中皮腫の警告】

中皮腫の中でも胸膜中皮腫と腹膜中皮腫においては、発症原因の約80%がアスベストの曝露によるものです。胸膜中皮腫や腹膜中皮腫を発症する患者は、アスベストを扱う職業の人に圧倒的に多くみれれます。また、アスベストを扱う工場や事業所の近くに住む人々、あるいはアスベストを扱う職業の人の家族にも多く発症が見られ...

≫続きを読む

中皮腫の予防方法【中皮腫の警告】

日本でアスベストが最も盛んに輸入されていたのは70年代半ばであるといいます。アスベストを曝露してから発症するまでの潜伏期間は約30年から40年くらいだといわれています。ということは、今後、アスベストが原因で中皮腫を発症する人が増えてくる可能性が高いといえます。現在、日本においては、アスベストの種類の...

≫続きを読む

中皮腫の治療方法【中皮腫の警告】

中皮腫の治療法には、外科療法、放射線療法、化学療法などがあります。中皮腫の種類や進行度によって、また患者の体力や状態も考慮しながら治療法を選択することになります。以前、他の肺の病気をしたことがあるかどうかによっても治療法が異なってきます。ここでは、悪性中皮腫の中で最も多い、びまん性の悪性胸膜中皮腫の...

≫続きを読む

中皮腫の名医【中皮腫の警告】

胸膜中皮腫の手術である胸膜肺全摘術は非常に難易度が高く、術中、術後の危険度も高い手術です。しかも日本においては、中皮腫は非常に症例が少ないこともあり、その治療法はまだ確立されていないのが現状です。このような難易度の高い手術を行うことのできる医療機関も当然限られてきます。2002年から2006年の5年...

≫続きを読む

中皮腫の手術方法【中皮腫の警告】

悪性中皮腫では、早期の段階で、腫瘍が胸壁の片側だけにとどまっている場合は基本的に手術による治療を行います。手術方法は中皮腫の種類や腫瘍の進行度によって異なります。広範囲局所切除術は、腫瘍部分とその周囲を広範囲にわたって切除する手術です。胸膜肺全摘術は、肺を含め、胸膜、そして場合によっては横隔膜や心膜...

≫続きを読む

中皮腫の克服方法【中皮腫の警告】

中皮腫の予後の生存率は、1年後生存率50%、2年後生存率は約20%となっています。中皮腫は、他のがんにくらべて他の臓器への転移がおこりにくい病気ですが、それにもかかわらず予後の生存率が低くなる理由としては、症状にあらわれにくい病気のため、発見されたときにはすでにがんが広範囲にわたって浸潤してしまって...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ