メラノーマの克服方法【メラノーマの警告】

メラノーマにはこんな克服方法があります

メラノーマを発症した場合、その生存率は、がんの進行度や治療の仕方によって異なってきます。
初期の段階で発見され、手術により治療をした場合の5年後の生存率は約95%から100%にもおよびます。
それだけ、早期に発見できれば治癒できる可能性が高くなるといえます。

もっとがんが進行し、腫瘍がリンパ節に転移して、リンパ節切除の手術も行ったときには、再発防止のために、術後も化学療法などを行っていくことになります。
この場合の5年後の生存率は、進行度の違いにもよりますが、だいたい50%~70%くらいになります。

さらにがんの転移が、他の臓器にまで見られた場合は、進行がかなり進んだ状態であるといえます。
ここまで進行すると、完全に治癒することは大変難しくなります。
5年後の生存率は、状態にもよりますが、10%前後になることが考えられます。

恐ろしいがんといわれるメラノーマですが、早期に発見することができれば、治癒できる病気です。
メラノーマを克服するためにも、早期発見することが何よりも重要になってきます。

一方、早期に発見ができず、手術後も治療を続けていく場合、抗がん剤による化学療法などを続けて行っていくことになります。
抗がん剤治療などは、副作用を伴うことが一般的です。
副作用は、抗がん剤の種類や量などによっても個人差はありますが、一般的には、貧血、吐き気、嘔吐、手足のしびれなどがあげられます。
また、白血球や血小板の減少、肝機能や陣機能の障害もあらわれることがあります。
がんを克服し、完全に治癒させるためには、これらの副作用ともつきあっていかなければならないことになります。

がんの克服方法

メラノーマの克服方法【メラノーマの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ