メラノーマの名医【メラノーマの警告】

メラノーマにはこんな名医があります

メラノーマを発症する率は、5万人から10万人中に1人程度だと言われています。
メラノーマは非常に悪性度が高い病気で、死亡率も非常に高くなっていることが指摘されます。

そのため、メラノーマの治療は、多くの症例を経験してきた専門医のいる病院で、かつ評価も高いところで治療をしてもらう必要があります。
はじめは近くの皮膚科の専門医に見てもらうのが一般的だと思います。
そこで検査をしてもらい、もし、メラノーマなど悪性腫瘍の疑いがある場合は、大学病院や皮膚科の専門病院などの専門医を紹介してもらうのもひとつの方法でしょう。

メラノーマのような非常に悪性度の高い病気の場合でも、早期の段階で発見できれば治癒することができます。
もしも悪性の疑いがある場合は、すぐに紹介を受けた大学病院などを受診し、一日も早く精密な検査をしてもらう必要があります。

皮膚がんの治療で評価の高い大学病院などでは、ダーモスコープ検査を行っている病院もあります。
ダーモスコープ検査は、ダーモスコープとよばれる拡大鏡を使い、皮膚の状態を診断する検査で、かなり精密度の高い検査になります。
この検査を行うことで、より早期のうちにがんを発見することが可能になります。

メラノーマの治療においては、日本皮膚科学会の規約があり、多くの病院や施設ではその規約に沿って標準治療が行われています。
治療は、がん細胞の深さと、他の部分に転移しているかどうかによって、どの病期に入るかを判断し、その病期に応じた治療方法がとられています。

がんの克服方法

メラノーマの名医【メラノーマの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ