メラノーマの治療方法【メラノーマの警告】

メラノーマにはこんな治療方法があります

メラノーマの治療は、これまでの治験データや研究データから、最適な治療を標準的治療として行っていきます。
どの治療法がいいかは、病気に進行度などによって判断します。

メラノーマの治療方法にはいくつかの種類があります。
手術療法、放射線療法、化学療法、冷凍療法などが主な治療方法です。

基本的には、外科による手術療法で、がんの部分を切除する方法がとられます。
進行がかなり進んでいるときや、種類によっては、手術だけではなくその他の治療方法と組み合わせて行われる場合もあります。

抗がん剤投与による化学療法は、進行がかなり進み、手術による治療が難しい場合にも用いられます。
しかし、メラノーマに有効とされる抗がん剤は今のところまだ開発されていないのが現状です。
そのため、いくつかの抗がん剤を組み合わせながら治療を行っていくことになります。
また、再発防止のため、インターフェロンを用いた治療が行われることもあります。

冷凍療法は、その部分にマイナス196℃の液体窒素を当て、がん細胞を死滅させる方法です。
ただし、メラノーマが皮膚の表面部分に限られる場合には有効ですが、皮膚の奥深くの細胞にまで達している場合はがん細胞を破壊することはできません。

その他の治療法としては、免疫療法があります。
これは、患者の免疫力を高めることでがんを治療しようとする治療法です。
最近の研究により、メラノーマに有効とされる抗原物質が発見されてきており、今後に期待が寄せられています。
しかし、今の段階では免疫療法はまだ確立された治療法ではありません。

がんの克服方法

メラノーマの治療方法【メラノーマの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ