メラノーマの予防方法【メラノーマの警告】

メラノーマにはこんな予防方法があります

メラノーマの発症原因として、紫外線があげられます。
メラノーマにかかるのを予防するには、紫外線を防御することが何よりも重要です。
アウトドアや海水浴、屋外でのスポーツなどをするときは、必ず紫外線対策をしましょう。
日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘を差す、長袖を着るなどの紫外線対策をして外に出ましょう。
直接皮膚に紫外線を浴びないような工夫をしなければなりません。

また、皮膚がんは、見た目にすぐわかるため、その他のがんと比べて早期で発見できる可能性が高いといえます。
メラノーマの予防として、時々、全身を鏡などで見て、新しくできたほくろやしみなどがないかをチェックするとよいでしょう。

今まではなかったのに、最近できたようなほくろやしみがあればじっくり観察してみましょう。
特に40代以降の中年になってからできたほくろは要注意です。

去年まではなかった場所にほくろができている、ほくろが急激に大きくなっている、大きさが6センチ以上もあるなどといったものを発見したら、メラノーマの可能性を疑ってみなければなりません。
また、メラノーマの特徴としては、ほくろのようにみえるがんは、左右が対称ではなく、形も変形しているということがあげられます。
さらには、ほくろのできている部位が足の裏や手のひら、あるいは手足の爪などであれば、メラノーマの疑いが強くなります。
そういうほくろを見つけたら、すぐに専門医の診断を受けましょう。

がんの克服方法

メラノーマの予防方法【メラノーマの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ