メラノーマの症状【メラノーマの警告】

メラノーマにはこんな症状があります

メラノーマは、別名悪性黒色腫とも呼ばれ、皮膚がんの一種です。
メラノーマは黒いほくろのように見えることから、「ほくろのがん」とも呼ばれます。

メラノーマにはいくつかの種類があり、種類によって症状も異なってきます。
種類は末端黒子型、結節型、表在拡大型、悪性黒子型の4つのタイプです。

末端黒子型は日本人に最も発症率が高い種類です。
メラノーマができる部位は、足の裏、手のひら、手足の爪などの部分です。
最初のうちは小さな黒いしみのようにみえますが、進行するにしたがって徐々にしみが大きくなります。
さらに進行すると、しみは中央で大きく盛り上がり、しこりのようになります。

結節型は末端黒子型に次いで、日本人に発症の多いタイプです。
結節型の場合は、はじめのうちからしこりのような感じで、進行が早く、みるみるうちにしこりは大きくなっていきます。
しこりができる部位は、特に決まっておらず、体のどこにでもできます。

表在拡大型は、主に腕や脚などにできます。
はじめは茶色っぽいしみのようで、ほくろのように見えます。
進行度はゆっくりですが、進行してくるにつれ大きくなり、やがてしこりのようになります。

悪性黒子型は、顔や首、あるいは手の甲など、直接紫外線を浴びやすい部位に多くできるのが特徴です。
年齢別でみると60歳以上の高齢者に多くみられます。
はじめは小さなしみのようなものが、放置しておくと次第に大きくなっていきます。
悪性黒子型は年々、増加傾向にあります。

がんの克服方法

メラノーマの症状【メラノーマの警告】記事一覧

メラノーマの原因【メラノーマの警告】

皮膚がんは3つの種類に分けることができます。3つの皮膚がんの中で発生率は最も低いにもかかわらず、最も悪性度が高く、進行の早い皮膚がんがメラノーマです。皮膚がんで亡くなる患者のうち、メラノーマで亡くなる方が約80%だといわれています。メラノーマは、色素細胞といわれる、皮膚の中にあるメラニン色素を生成す...

≫続きを読む

メラノーマの予防方法【メラノーマの警告】

メラノーマの発症原因として、紫外線があげられます。メラノーマにかかるのを予防するには、紫外線を防御することが何よりも重要です。アウトドアや海水浴、屋外でのスポーツなどをするときは、必ず紫外線対策をしましょう。日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘を差す、長袖を着るなどの紫外線対策をして外に出ましょう。...

≫続きを読む

メラノーマの治療方法【メラノーマの警告】

メラノーマの治療は、これまでの治験データや研究データから、最適な治療を標準的治療として行っていきます。どの治療法がいいかは、病気に進行度などによって判断します。メラノーマの治療方法にはいくつかの種類があります。手術療法、放射線療法、化学療法、冷凍療法などが主な治療方法です。基本的には、外科による手術...

≫続きを読む

メラノーマの名医【メラノーマの警告】

メラノーマを発症する率は、5万人から10万人中に1人程度だと言われています。メラノーマは非常に悪性度が高い病気で、死亡率も非常に高くなっていることが指摘されます。そのため、メラノーマの治療は、多くの症例を経験してきた専門医のいる病院で、かつ評価も高いところで治療をしてもらう必要があります。はじめは近...

≫続きを読む

メラノーマの手術方法【メラノーマの警告】

メラノーマの手術を行うときは、病巣部分とその周辺の正常組織も含めてできるだけ広範囲で切除手術を行います。広範囲に切除した方が、術後の再発を予防できるからです。がんの大きさにもよりますが、通常は病巣の周りを1センチから3センチ程度切除します。切除した部分には、患者のほかの部分の皮膚を移植することもあり...

≫続きを読む

メラノーマの克服方法【メラノーマの警告】

メラノーマを発症した場合、その生存率は、がんの進行度や治療の仕方によって異なってきます。初期の段階で発見され、手術により治療をした場合の5年後の生存率は約95%から100%にもおよびます。それだけ、早期に発見できれば治癒できる可能性が高くなるといえます。もっとがんが進行し、腫瘍がリンパ節に転移して、...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ