リンパ腫の手術方法【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな手術方法があります

悪性リンパ腫の治療には、一般的には手術は行いません。
通常は、抗がん剤による化学療法、あるいは放射線療法で治療を行っていきます。
これらの治療法でもなかなか治らない場合や、悪性リンパ腫の種類によっては、造血幹細胞移植を行う場合もあります。

造血幹細胞移植は、正常な血液を回復させるために造血幹細胞を移植する治療法です。
造血幹細胞移植は、通常、大量の抗がん剤投与と放射線照射を行い、正常な血液細胞をすべて死滅させてしまった後に行います。
この造血幹細胞移植は悪性リンパ腫の治療として一般的に行われています。
治療後に再発した場合にも、この治療方法がとられることがあります。

造血幹細胞移植は、自家骨髄移植と同種骨髄移植とにわけられます。
自家骨髄移植は、自家末梢血幹細胞移植ともよばれます。
これは、患者自身の造血幹細胞を採取し冷凍します。
そして、大量の抗がん剤投与と放射線照射を行い、正常な血液細胞をすべて死滅させてしまった後に、冷凍した造血幹細胞を静脈を通して点滴で体内に取り入れます。
自分自身の細胞を用いるため、移植の際の危険は少ないですが、ドナーによる移植のような免疫効果を期待することはできません。

一方、同種骨髄移植は、白血球の型であるHLA型が一致するドナーから造血幹細胞を摂取し、それを体内に取り入れる方法です。
ドナーとなるのは、兄弟姉妹、あるいは日本骨髄バンクや帯血バンクに登録している他人などです。
ドナーによる移植は免疫効果が期待できるため、移植後の再発率は自家骨髄移植にくらべて低くなります。
しかし、移植自体のリスクは大きくなります。

がんの克服方法

リンパ腫の手術方法【リンパ腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ