リンパ腫の名医【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな名医があります

悪性リンパ腫のような血液のがんの場合、がん専門病院や大学病院などの血液内科や血液腫瘍科の専門医を探すとよいでしょう。
専門病院や大学病院のようなところでは、多くの症例を扱ってきており、実績等はどこもそれほど変わらないでしょう。

セカンドオピニオンを聞くために、いくつかの病院をあたってみるのもひとつの方法です。
がん専門病院などは非常に多くの症例をみてきているため、診断してもらい、話を聞くだけでも参考になるでしょう。
そして、最終的にどこの病院の医師に見てもらうかを決定するのは、あくまでも患者本人でなければなりません。

セカンドオピニオンを聞くということは、現在治療を受けている病院の主治医に対しては言いにくいと思われるかもしれません。
しかし、今の時代、セカンドオピニオンを聞くことは当然の権利です。
勇気を持って主治医に相談してみましょう。
本当に信頼できる医師ならきっと快諾してくれるはずです。

主治医は、患者にとってわかりやすい言葉で、病気やその治療方法について話してくれる人でなければなりません。
一方的に治療方針を説明し、治療を進めていこうとする医師は、いくら多くの症例数をみてきている名医といっても、本当の意味で信頼できないかもしれません。
患者のQOLを大切にし、治療中はもちろん、術後の経過まで含めて患者の相談に乗ってくれる医師を選ぶとよいでしょう。

がんの克服方法

リンパ腫の名医【リンパ腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ