リンパ腫の治療方法【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな治療方法があります

悪性リンパ腫にはさまざまな種類があります。
どの種類かによっても、治療方法は異なってきます。
また年齢や病気の進行度などによっても治療方法が異なってきます。

適切な治療を行うためには、まず精密な検査を行い、どのタイプの病気なのかを診断しなければなりません。
それにはリンパ節生検が行われます。
これは、局部麻酔によりリンパ節をひとつ切り取り、それを顕微鏡で詳しく調べる検査です。

悪性リンパ腫の治療方法は、主に化学療法と放射線療法になります。
悪性リンパ腫の治療には、手術療法は行われません。
リンパ系は体中を巡っているため、手術によりその部位だけを切除するということができないからです。

悪性リンパ腫は全身に発生する病気です。
その病気の性質上、そのほかのいわゆる固形がんのように、治療によって取り除くということができません。
悪性リンパ腫の場合、治療後の検査で、リンパ系の中にがん細胞が見当たらなくなったことで治療が終了したことになります。
この場合、病気が「完治」したとはいわず、「寛解」したという言い方をします。

また、悪性リンパ腫の治療においては、抗がん剤は比較的効果があるといわれています。
悪性度の高いがんほど抗がん剤の感度が高いといわれます。
最近では、治療は外来での通院治療が主流になってきています。

がんの克服方法

リンパ腫の治療方法【リンパ腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ