リンパ腫の予防方法【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな予防方法があります

悪性リンパ腫を発症する年齢は、40歳以降に多く見られ、高齢になるほど発症率が高くなります。
悪性リンパ腫を発症するはっきりした原因はまだわかっていません。
そのため発症を予防する一般的な方法もありません。

予防方法がないとはいっても、定期的な診断や血液検査は受けるようにしましょう。
最近では、特にがん検診ではなく、通常の健康診断の際の血液検査でも血液のがんを発見することができるようになりました。
そのおかげで、悪性リンパ腫をはじめ、血液のがんが早期の段階でも発見できるようになりました。
早期発見のためにも、健康診断と血液検査は必ず受けることをおすすめします。

血液検査では血液の細胞の数、形、細胞のバランスなどを調べますが、そのときに異常があらわれたら、すぐに精密検査をしなければなりません。

また、普段の生活においても、ちょっとした体の変化には敏感になることが早期発見につながります。
首やわきの下、股の部分などのリンパ節に腫れなどの異常を発見したら要注意です。
風邪やアレルギーなどでもリンパ節は腫れますが、軽く考えずに悪性腫瘍の可能性も疑ってみたほうがいいでしょう。

また、食生活が変化したわけではないのに、最近体重が減ってきた、あるいはすぐにむくんでしまう、疲れやすくなったといった症状も注意が必要です。
これらは必ずしも悪性リンパ腫に限ったことではありませんが、何か他の悪い病気の疑いもあります。

悪性リンパ腫の診断をしてもらう病院は、できれば専門病院がよいでしょう。
総合病院では、血液腫瘍科や内科を受診するとよいでしょう。

悪性リンパ腫の場合、種類によっても進行のスピードや治療法が異なってきます。
もしも悪性リンパ腫と診断された場合は、精密な検査を受け、どの種類のリンパ腫なのかを診断してもらい、必ず医師に確認することが重要です。

がんの克服方法

リンパ腫の予防方法【リンパ腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ