リンパ腫の原因【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな原因があります

リンパ腫には良性はなく、悪性のみです。
悪性リンパ腫は、リンパ系の組織に発生するがんのことです。
リンパ節や胸腺、脾臓などのリンパ組織に腫瘍が発生したり、またリンパ節のリンパ球ががん化することによって発症します。

日本においては、悪性リンパ腫にかかる比率は10万人に約10人程度です。
悪性リンパ腫の発生率は年々増加傾向にあります。

悪性リンパ腫を発症するはっきりとした原因は、いまのところわかっていません。
何らかの遺伝子の異常が原因ではないかとも言われています。
あるいは、リンパ系や免疫系の異常が原因ではないかという説もあります。

一方、ウイルスに感染することで発症するのではないかという説もあります。
最近の研究では、一部の非ホジキンリンパ腫は、EBウイルスに感染したことが原因で発症することが考えられています。
悪性リンパ腫の中でも、成人T細胞白血球及びリンパ腫は、白血球1型ウイルスの感染によって発症するのではないかと考えられています。
また、胃のMALTリンパ腫は、ピロリ菌やヘリコバクター菌が要因ではないかと考えられています。
さらには、HIV感染者が臓器移植をした際、免疫力低下が原因で悪性リンパ腫を発症することがあるともいわれています。

その他の要因としては、放射線や化学物質による影響が要因リスクを高めるともいわれています。
また、遺伝による発症リスクもあげられます。

がんの克服方法

リンパ腫の原因【リンパ腫の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ