リンパ腫の症状【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな症状があります

悪性リンパ腫の主な症状は、リンパ節に痛みのない腫れやしこりを感じることです。

全身的な症状としては、発熱、体重減少、大量の寝汗などがあります。

悪性リンパ腫にみられるこれら3つの症状は「B症状」といわれています。

悪性リンパ腫は大きく分けて2つの型があります。

ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫です。

日本人の場合はほとんどが非ホジキンリンパ腫です。

ホジキンリンパ腫の場合は、頚部のリンパ節に腫れやしこりを感じることが多いといわれます。

頚部リンパ節は、鎖骨よりも少し上にある首のリンパ節です。

また、痛みを感じないまま、進行し、肝臓、骨髄、肺にまで腫れが広がることもあります。

頚部の腫れのほかには、全身倦怠感、体重減少、発熱などといった症状があらわれることがあります。

一方、非ホジキンリンパ腫の場合は、初期の段階ではほとんど症状がありません。

腫瘍が大きくなり、周囲の組織を圧迫しはじめると症状があらわれてくる場合があります。

発生する部位は、頚部、わきの下、大腿部付け根などのリンパ節です。

腫瘍は、胃や大腸など、リンパ節以外の場所から発生することもあります。

リンパ節は腫れますが、痛みは感じないようです。

また、ホジキンリンパ腫と同じく、全身倦怠感、体重減少、発熱などといった症状があらわれることがあります。

非ホジキンリンパ腫は、さらにT細胞型とB細胞型とわけられ、それぞれ症状が異なってきます。

一般に、リンパ節の腫れの症状は、風邪や扁桃炎、虫歯、アトピー性皮膚炎、その他のアレルギーが原因でも時々あらわれることがあります。

これらが原因の腫れの場合は、せいぜい1センチくらいの大きさの腫れですみます。

しかし、腫れが1センチ以上大きくなるようであれば、悪性リンパ腫の可能性があるので要注意です。

【PR】
悪性リンパ腫で身内の方に万が一のことがあったら・・・。

そんなことがないように、今のうちに身の回りをキレイし掃除しておきましょう。

もしも、自分ではできないような片付けでしたら遺品整理 長崎に依頼してはいかがでしょうか?

信頼できそうな業者さんですよ。

がんの克服方法

リンパ腫の症状【リンパ腫の警告】記事一覧

リンパ腫の原因【リンパ腫の警告】

リンパ腫には良性はなく、悪性のみです。悪性リンパ腫は、リンパ系の組織に発生するがんのことです。リンパ節や胸腺、脾臓などのリンパ組織に腫瘍が発生したり、またリンパ節のリンパ球ががん化することによって発症します。日本においては、悪性リンパ腫にかかる比率は10万人に約10人程度です。悪性リンパ腫の発生率は...

≫続きを読む

リンパ腫の予防方法【リンパ腫の警告】

悪性リンパ腫を発症する年齢は、40歳以降に多く見られ、高齢になるほど発症率が高くなります。悪性リンパ腫を発症するはっきりした原因はまだわかっていません。そのため発症を予防する一般的な方法もありません。予防方法がないとはいっても、定期的な診断や血液検査は受けるようにしましょう。最近では、特にがん検診で...

≫続きを読む

リンパ腫の治療方法【リンパ腫の警告】

悪性リンパ腫にはさまざまな種類があります。どの種類かによっても、治療方法は異なってきます。また年齢や病気の進行度などによっても治療方法が異なってきます。適切な治療を行うためには、まず精密な検査を行い、どのタイプの病気なのかを診断しなければなりません。それにはリンパ節生検が行われます。これは、局部麻酔...

≫続きを読む

リンパ腫の名医【リンパ腫の警告】

悪性リンパ腫のような血液のがんの場合、がん専門病院や大学病院などの血液内科や血液腫瘍科の専門医を探すとよいでしょう。専門病院や大学病院のようなところでは、多くの症例を扱ってきており、実績等はどこもそれほど変わらないでしょう。セカンドオピニオンを聞くために、いくつかの病院をあたってみるのもひとつの方法...

≫続きを読む

リンパ腫の手術方法【リンパ腫の警告】

悪性リンパ腫の治療には、一般的には手術は行いません。通常は、抗がん剤による化学療法、あるいは放射線療法で治療を行っていきます。これらの治療法でもなかなか治らない場合や、悪性リンパ腫の種類によっては、造血幹細胞移植を行う場合もあります。造血幹細胞移植は、正常な血液を回復させるために造血幹細胞を移植する...

≫続きを読む

リンパ腫の克服方法【リンパ腫の警告】

悪性リンパ腫の予後の生存率は種類によっても変わってきますが、ホジキンリンパ腫の場合、早期発見できた場合の5年後生存率は約90%にもおよびます。一方、非ホジキンリンパ腫の場合は、ホジキンリンパ腫よりは低くなりますが、早期発見できた場合は、5年後生存率は約70~90%になります。進行が進むにつれ、生存率...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ