肺がんの克服方法【肺がんの警告】

肺がんにはこんな克服方法があります

肺がんの治療方法には、早期の場合は手術による治療法があります。
肺がんのそのほかの治療法には放射線治療、化学療法などがあります。
また、免疫療法や食事療法などもあります。

肺がんの場合、なにかひとつの治療法だけで完治させることはとても難しくなります。
いくつかの治療方法を組み合わせて治療をしていくことにより、肺がんを克服さすることが可能になります。

早期発見でき、手術でがん細胞を摘出できたとしても、再発を予防する意味で抗がん剤治療を行ったします。
しかし抗がん剤治療には副作用を伴うため、副作用があまりにも苦しい場合は我慢しないで担当医に相談し、抗がん剤の投与を中止するなどを行うようにしてください。

また、手術でがん細胞を全部切除できたとしても、手術後5年後を目安として、胸部のX線写真や胸部のCT検査などを定期的に行っていき、フォローアップをしていくことになります。

さらには、手術後に再発や転移をしてしまった場合の治療法としては主に抗がん剤治療を行っていきますが、残念ながら必ずしも効果的な結果が得られるとは限らないということを知っておきましょう。

がんの再発防止のためには、病院での治療だけに頼るのではなく、自分主体で肺がんを克服していこうとする強い意思が必要です。

バランスのとれた食生活を送り、がんになりにくい体質に改善する努力をしたり、精神的にも安定した生活を送るようにしたりして、心身ともに健康な体つくりをしながらがんの克服に努めていきましょう。

がんの克服方法

肺がんの克服方法【肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ