肺がんの手術方法【肺がんの警告】

肺がんにはこんな手術方法があります

肺がんの手術は、肺がん患者のすべてが受けられるわけではありません。

手術は早期発見の場合に限ります。

すでに進行が進み、がん細胞が他の部分にまで転移してしまってからの手術では再手術をする必要がでてくるため、それは非常に難しい手術となるからです。

肺がんの場合、手術により治癒する確立は約50%と言われています。

手術の方法には、開胸手術療法と、胸腔鏡手術とがあります。

開胸手術療法は、全身麻酔により胸を開き、肺のがん細胞を切除し、がんが発生している周辺のリンパ節も切除する手術です。

開胸手術は歴史も長く、予期しない出血にも対応できる、よく確立された方法です。

一方、胸腔鏡手術とは、胸壁に2~3センチ程の孔を開け、その孔から胸腔鏡を入れて治療します。

この胸腔鏡手術は、肺がんの中でも早期に発見された肺野型肺がん(肺の奥の方にできたがん)によく用いられる方法です。

この手術は、胸腔内を内視鏡でみながらがん細胞を切除していきます。

開胸手術にくらべ、患者にかかる体の負担は軽くてすみます。痛みも少なくてすみ、退院も早くできます。

開胸手術療法と胸腔鏡手術療法とはそれぞれにメリット、デメリットがあり、また症状の進行や状態によっても異なるので、担当医師との慎重に相談してから決める必要があります。



【PR】
肺がんの手術をする前に、しっかり予防をすることが大切です。

予防法といえば健康学だけと思う方もいるかもしれませんが、実は日頃の習慣を変えることが一番なんです。

習慣が変われば健康になります。

簡単に習慣を変えるために、掃除からはじめてみてはいかがでしょうか?
三重片付けレスキューでは、自分で出来ないレベルの掃除でも、プロが責任をもってお片付けします。

がんの克服方法

肺がんの手術方法【肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ