肺がんの名医【肺がんの警告】

肺がんにはこんな名医があります

日本人のがん死亡者のうち、ワースト1は肺がんです。
肺がんはそれほどまでに死亡率の高いがんとなっています。

その理由として、肺がんにはこれといった大きな初期症状がないため、病気を見つけにくく、見つかったときには進行が進んでしまっているというケースが多いことが考えられます。
そのため、肺がんは早期発見と、その初期の治療のよしあしがとても重要な鍵を握ることになります。

せっかく早期発見ができても、早期の治療が悪ければ、他の部分に転移してしまったり、進行をさらに助長させてしまうことにもなりかねません。
そうならないために、肺がんでもっとも重要になってくるのが手術を担当する医師選びです。
手術を担当する医師は慎重に選び、そして「肺がんの名医」と言われている名医に担当してもらうようにしましょう。

ひとつの病院の治療では納得がいかない場合は、セカンドオピニオンとして別の病院の意見も聞くことが大切です。

患者にとってわかりやすい言葉で病気について説明してくれる病院、そして、検診で肺がんが発見された場合、早急に対応してくれる病院を選びましょう。

せっかく早期発見できても、手術の良し悪し、その後の治療の良し悪しによって、助かるはずの命が助からなかったという結果は絶対に避けなければなりません。

がんの克服方法

肺がんの名医【肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ