肺がんの症状【肺がんの警告】

肺がんにはこんな治療方法があります

肺がんの主な治療方法は、手術、放射線療法、化学療法の3通りがあります。

手術はがん細胞を直接切除する方法です。
放射線療法は、がん細胞に放射線を照射し、がん細胞を殺してしまう方法、化学療法は、抗がん剤を投与することによりがん細胞を小さくしたり、殺してしまう方法です。

手術による外科療法は、初期の肺がんの場合に行われることが多くなります。

また、小細胞がんの場合は、進行が早く、すでに他の部分への転移が考えられるため、外科治療よりも、放射線療法や化学療法が多く用いられます。

肺がんの治療法は、肺がんの種類によって、また肺がんの進行具合によっても異なってきます。

また、手術に加え、放射線療法と化学療法とも組み合わせて治療を行うケースも多く見られます。
このようにいろいろな治療法を組み合わせて治療を行うことを集学的治療法といいます。
進行した肺がんの治療にはこの集学的治療法が用いられます。

そのほかの治療法としては、レーザー治療があります。
レーザー治療は、肺門型の肺がんで早期発見の場合に用いられる療法で、体に与える影響も少なくて済みます。
レーザー治療は、気管支鏡で見える範囲のがんを観察しながら、レーザー光線を照射して治療します。

また、肺がん治療には、体の免疫力を強化してがん細胞を殺そうとする免疫療法もありますが、現在は実験段階です。

がんの克服方法

肺がんの治療方法【肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ