肺がんの予防方法【肺がんの警告】

肺がんにはこんな予防方法があります

肺がんの予防方法としては、まず喫煙をしないことです。
喫煙は肺がんの最大の原因です。
タバコを吸わないことにより肺がんの大きな予防となります。

また、自分が禁煙をすることにより、タバコを吸わない身近な家族へのタバコによる悪影響も防ぐことができます。

しかし、タバコを吸わないからといって肺がんにかからないという安心はできません。
肺がんにかかる原因は、喫煙だけではありません。
普段の生活習慣から肺がんにならないように予防に心がけることが大切です。

食生活では、バランスのとれた食事を摂取するようにしましょう。
肺がんに限ったことではありませんが、がんにかかりにくくするためには、緑黄色野菜や果物など、発がんを抑える効果のある食材を多く摂取するようにしましょう。

アルコールの量は適度し、過剰摂取は避けましょう。

また、大気汚染が原因で肺がんを発症するのを予防するためには、発がん性物質を含んだ大気を吸い込まないようにすることです。
そのため、大気が汚染された場所ではマスクをするなどの予防をしましょう。

普段からストレスを溜め込まない生活をするように心がけ、睡眠を十分にとり、適度な運動をして、規則正しい生活をすることが大切です。
規則正しい生活は継続して行わなければなりません。

また、定期的に検診を受けるようにするとよいでしょう。

がんの克服方法

肺がんの予防方法【肺がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ