肺がんの症状【肺がんの警告】

肺がんにはこんな症状があります

肺がんは腫瘍ができる場所によって2種類に分けられます。
ひとつは気管支あたりにできる肺がんで肺門型といい、もうひとつは、腫瘍が肺の奥の方にできる肺野型の肺がんです。

肺門型は、初期症状として咳や痰、血痰が出るなどの症状が見られます。

一方、肺野型は、初期ではほとんど自覚症状がなく、そのため、自覚症状があらわれたときにはすでにかなり進行しているケースが多く見られます。

また、肺がんの種類は細胞の組織分類によっても分けられることができ、小細胞がんと、非小細胞がんとにわけられます。

小細胞がんは、進行が早いのが特徴です。

非小細胞がんは、線がん、扁平上皮がん、大細胞がんとにわけられ、全体の80%が非小細胞がんになります。

肺がんの初期症状は風邪の症状によく似ているのが特徴です。

そのため風邪と間違われてしまう場合があります。

さらに肺がんが進行すると、発熱、胸の痛み、息切れ、呼吸困難、声のかすれなどの自覚症状があらわれます。

また、肺がんが気管支を閉塞すると、喘鳴といい、ゼーゼーという音がする呼吸などが見られ、肺炎や気管支炎をおこしやすくなります。

さらには、体重減少、食欲不振、疲労感、顔や首のむくみなどがおこります。

肺がんが骨にまで転移すると、その部分に強い痛みを感じ、骨折することもあります。

脳に転移すると、頭痛、腰痛、嘔吐、手足のしびれ、視力障害などの症状があらわれます。
また、肩こりや肩痛などを伴う場合もあります。

転移による症状は、どの部分に転移したかによってさまざまです。そのため、必ずしもこのような症状が誰にでもあらわれるとは限りません。

【PR】
肺がんになってしまうと、自分のことが出来なくなってしまいます。
自分のことが出来なくなってしまう前に、周りの片付け(仏壇処分 京都)はあらかじめやっておきましょう!

がんの克服方法

肺がんの症状【肺がんの警告】記事一覧

肺がんの原因【肺がんの警告】

肺がんの最大の原因は喫煙によるもので、肺がんの原因の80%にあたると言われています。喫煙は肺がんにかかわらずあらゆる種類のがんの原因となりますが、特に肺がんはたばこの喫煙による原因の頻度が高くなっています。たばこには200種類以上もの発がん性物質が含まれています。喫煙者は、喫煙しない人に比べて、5~...

≫続きを読む

肺がんの予防方法【肺がんの警告】

肺がんの予防方法としては、まず喫煙をしないことです。喫煙は肺がんの最大の原因です。タバコを吸わないことにより肺がんの大きな予防となります。また、自分が禁煙をすることにより、タバコを吸わない身近な家族へのタバコによる悪影響も防ぐことができます。しかし、タバコを吸わないからといって肺がんにかからないとい...

≫続きを読む

肺がんの治療方法【肺がんの警告】

肺がんの主な治療方法は、手術、放射線療法、化学療法の3通りがあります。手術はがん細胞を直接切除する方法です。放射線療法は、がん細胞に放射線を照射し、がん細胞を殺してしまう方法、化学療法は、抗がん剤を投与することによりがん細胞を小さくしたり、殺してしまう方法です。手術による外科療法は、初期の肺がんの場...

≫続きを読む

肺がんの名医【肺がんの警告】

日本人のがん死亡者のうち、ワースト1は肺がんです。肺がんはそれほどまでに死亡率の高いがんとなっています。その理由として、肺がんにはこれといった大きな初期症状がないため、病気を見つけにくく、見つかったときには進行が進んでしまっているというケースが多いことが考えられます。そのため、肺がんは早期発見と、そ...

≫続きを読む

肺がんの手術方法【肺がんの警告】

肺がんの手術は、肺がん患者のすべてが受けられるわけではありません。手術は早期発見の場合に限ります。すでに進行が進み、がん細胞が他の部分にまで転移してしまってからの手術では再手術をする必要がでてくるため、それは非常に難しい手術となるからです。肺がんの場合、手術により治癒する確立は約50%と言われていま...

≫続きを読む

肺がんの克服方法【肺がんの警告】

肺がんの治療方法には、早期の場合は手術による治療法があります。肺がんのそのほかの治療法には放射線治療、化学療法などがあります。また、免疫療法や食事療法などもあります。肺がんの場合、なにかひとつの治療法だけで完治させることはとても難しくなります。いくつかの治療方法を組み合わせて治療をしていくことにより...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ