肝臓がんの克服方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな克服方法があります

肝臓がんを早期で発見し、切除などの手術により完治できた場合、5年後の生存率は約70%だといわれています。
これは、発見されたときのがんの進行度によっても異なってきますが、早期に発見されるほど、生存率も高くなっていきことが予想されます。
このことからも、定期的に検査を受け、がんを発症してしまった場合は、早期段階で治療を行うことがとても重要です。
そうして早期に治療をしていけば、肝臓がんはきっと克服することができるはずです。

肝臓がんを手術だけで完治させることができても安心はできません。
肝臓がんの特徴として、慢性肝炎から発症するため、たとえ治療により完治させたとしても、また新たにがんを発症してしまう可能性も高くなります。
がんの再発を防ぎ、もしも再発した場合も早期に対応できるように、定期的な検査は必ず受けましょう。

また、検査や病院の治療だけに頼るのはいけません。
再発しないためにも、完治後の生活習慣がとても重要になります。

食事面では、食べすぎやカロリーの摂り過ぎには注意します。
また、アルコールの摂取もひかえ、肝臓に負担になるようなことはやめましょう。
バランスのとれた食生活を心がけ、適度な運動を欠かさないようにします。
ストレスのない、健康的な毎日を送るように心がけましょう。
また、免疫力を高めることも、がんに打ち勝っていくためにとても有効です。

がんの克服方法

肝臓がんの克服方法【肝臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ