肝臓がんの手術方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな手術方法があります

肝臓の外科手術には2通りあります。
ひとつは、肝臓の悪い部分を切除する部分肝切除術、もうひとつの方法は、肝臓を移植する肝移植です。

肝臓の手術は、がんの進行度とそれに伴う肝機能の状態をよく把握した上で行わなければなりません。
肝臓は体の中でもとても重要な部分であり、人間は肝臓がなければ生きてはいけません。
もし肝臓の一部を切除したことにより、残った肝臓だけで機能が維持できないようであれば、切除手術は行えません。

部分肝切除術は、全身麻酔をし、肝臓の悪い部分を切除します。
開腹手術のため、手術後は約1ヶ月ほど入院をしなければなりません。
また、肝硬変などのように、肝機能が著しく低下していると考えられる場合は、手術したとしても残った肝臓が機能せず、肝不全になる恐れもあるため、手術はできません。

肝移植とは、その名のとおり肝臓を移植する手術です。
肝不全などで肝臓がまったく機能しなくなってしまった場合などには、肝臓を入れ替えてしまうこの方法しかありません。

肝移植には、脳死した人から肝臓をもらう脳死肝移植と、健康なドナーから肝臓の一部をもらう生体肝移植とがあります。
日本においては、脳死肝移植は法律で認められていますが、提供者がほとんどいないことからも、この方法の移植は実際にはほとんど行われていません。
生体肝移植は、大学病院を中心として行われていますが、移植手術を行える病院は限られています。
また、ドナーは、家族などの親近者が主になります。

がんの克服方法

肝臓がんの手術方法【肝臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ