肝臓がんの名医【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな名医があります

肝臓がんを治すと一言にいっても、肝臓がんの治療方法はとても多くあります。
肝臓がんの進行度や肝機能の状態によって、その治療方法も選択していかなければなりません。

外科的療法、穿刺療法、そして肝動脈塞栓療法があり、外科的療法にも切除手術や肝移植、穿刺療法にも、経皮的エタノール注入療法とラジオ波焼灼療法などがあります。
また、放射線療法や抗がん剤投与による治療もあります。

肝臓がんの名医とは、これらのすべての治療方法の名医というわけではありません。
それぞれの治療法には、それぞれに専門の名医がいます。
つまり、一言に肝臓がんの名医といっても、その専門によってさまざまだということです。
そのため、肝臓がんの名医を探す場合は、自分の肝臓がんの進行度がどのくらいなのか、また、現在の肝臓の機能状態はどうなのかなどにより、さまざまな条件に合った専門医を探す必要があります。

また、専門の名医を見つけたとしても、手術について、また手術後の治療方法についてじっくりと話し合わなければなりません。
話し合いは、家族や医師、そして本人の意思も含め、納得がいくまで話し合うことが大切です。

どうしても納得がいかない場合は、別の病院を訪ね、セカンドオピニオンを聞くことが重要です。
肝臓がんの進行が進んだ段階でも決してあきらめてはいけません。
自分が納得のいく治療を受けられるように、さまざまな意見を聞くことで、積極的な治療をしてくれる医師とめぐり合えるかもしれません。

セカンドオピニオンを積極的に取り入れることにより、今まで受けていた治療法とはまったく違ったアプローチで治療をし、見事に完治したというケースもあります。
決してあきらめずに、自分に合った専門医を探しましょう。

がんの克服方法

肝臓がんの名医【肝臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ