肝臓がんの治療方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな治療方法があります

肝臓がんの治療方法は、がんの大きさや肝機能の状態によっても異なってきます。
主な治療方法としては、外科的療法と穿刺療法、そして肝動脈塞栓療法の3つの方法があります。

外科的療法には2通りあります。
肝臓の悪い部分を切除する部分肝切除術と、肝臓をすべて入れ替える肝移植です。

穿刺療法には2つの方法があります。
経皮的エタノール注入療法とラジオ波焼灼療法です。

経皮的エタノール注入療法は、エコーで肝臓を見ながら、がんの部分に細長い針を刺し、エタノールを注入します。
これによりがん細胞を壊死させる方法です。
この治療は、3回から5回ほど続けて行う必要があります。

また、最近注目されている新しい治療法が、ラジオ波焼灼療法です。
これはエコーにより肝臓を見ながら、がん細胞に特殊な針を挿入します。
通電により針の先端に熱が生じ、約100℃近い熱でがん細胞を焼いて壊死させます。
マイクロ波よりも周波数の低いラジオ波を使います。

肝動脈塞栓療法は、肝動脈を人工的に塞ぐことにより、がん細胞だけを壊死させる方法です。
大腿部のつけ根の部分にある大腿動脈からカテーテルを挿し込み、肝動脈まで通します。
このカテーテルを通じて、肝動脈にゼラチンやスポンジなどを注入し、動脈を詰まらせます。
動脈が詰まったことにより、血液がいかなくなったがん細胞は壊死します。

他の治療法としては、ほかのがんの治療法とも共通しますが、化学療法、放射線療法があります。
化学療法は、肝臓に抗がん剤を投与し、がん細胞を殺す方法です。
放射線療法は、がん細胞に放射線をあて、がん細胞を殺す方法です。
放射線療法は、手術だけでは取り除けない部分を治療したりするのにも使われます。
しかし、がん細胞だけでなく、正常な細胞も殺してしまう可能性があるため、副作用を伴います。

がんの克服方法

肝臓がんの治療方法【肝臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ