肝臓がんの予防方法【肝臓がんの警告】

肝臓がんにはこんな予防方法があります

肝臓がんの原因の多くは肝炎ウイルスの感染によるものです。
肝臓がんにかからないように予防するには、まずこの肝炎ウイルスに感染しないようにすることが大切です。

肝炎ウイルスにかからないようにするには、血液に触れる場合はゴム手袋などをする、歯ブラシやカミソリなど、他人の血液がついている可能性のあるものを共有しない、注射器などを共用しない、ピアスの穴をあけるときには必ず消毒された器具を使う、性行為にはコンドームを使う、などの注意があげられます。

また、肝硬変を経てから肝臓がんになるケースが非常に多いことから、肝硬変にかからないようにすることが極めて重要になります。
肝硬変にかからないようにするには、食生活などの生活習慣に気をつけることが大切です。
食べすぎ、飲みすぎに注意し、バランスのとれた食事を心がけます。
また、タバコの吸いすぎ、運動不足、寝不足なども要注意です。

定期的に診断を受け、肝臓がんにかかっていないか検査しましょう。
肝臓がんが、原因がウイルスと分かっていながらも患者数がなかなか減らない傾向にある理由は、その感染になかなか気づかないからだそうです。
肝臓がんを予防するには、定期的に検査を受けることが大切です。

がんの克服方法

肝臓がんの予防方法【肝臓がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ